So-net無料ブログ作成
検索選択
家族ゲーム 視聴率 速報 ブログトップ

家族ゲーム 視聴率 速報 最終回 [家族ゲーム 視聴率 速報]

家族ゲーム 視聴率 速報 最終回 第10話

家族ゲーム 最終回 第10話 視聴率はどうなったのでしょうか?

速報結果が出ました。

家族ゲーム 視聴率 速報 最終回です。

家族ゲーム 視聴率 第1話 12.0%
家族ゲーム 視聴率 第2話 13.7%
家族ゲーム 視聴率 第3話 11.1%
家族ゲーム 視聴率 第4話 12.2%
家族ゲーム 視聴率 第5話 12.4%
家族ゲーム 視聴率 第6話 12.9%
家族ゲーム 視聴率 第7話 13.6%
家族ゲーム 視聴率 第8話 12.6%
家族ゲーム 視聴率 第9話 12.4%
家族ゲーム 視聴率 最終回 16.7%

家族ゲーム 視聴率 速報 のお時間です。

家族ゲーム 最終回視聴率は、16.7%でした。

前回より4.3%アップ です。

吉本荒野 いいねぇ~といったところでしょうね。

平均視聴率は、12.96%です。

家族ゲームの最高視聴率は
最終回 16.7%を記録しました。

家族ゲーム 最終回 第10話 あらすじ

サウナの吉本荒野(櫻井翔)からはじまりました。

沼田家では、離婚届けを佳代子(鈴木保奈美)がだし、
茂之(浦上晟周)が一枚目を食べ、
二枚目を食べようとすると
佳代子は三枚目を出した。

一茂(板尾創路)が、サインしようとするのを茂之が止めていた。

そこへ吉本荒野が
「呼ばれてないのにじゃじゃじゃじゃーん」と入ってきた。

沼田家に仕掛けてあった
盗聴器とカメラを回収するために来たのだった。

100万円の振込先を教えて帰っていった。


帰り際に、慎一に「家族を再生させろ」と
言い残して去っていった。


水上沙良と慎一は、廃校の教室で会った。

吉本荒野の過去の続きを聞くためだった。

家庭教師になった目的は、
やはり第二の吉本荒野、真田宗多を生み出さないためだった。

そこで、吉本荒野がほんとに殺したのは誰かを聞いた。


吉本荒野は、本当の吉本荒野の病室で母親と話をした。

吉本荒野というモンスターを作ったのはあなただ。と母親を責めた。

去り際に「彼も被害者かもしれない」といった。


慎一は、沼田家の全員がそろったところで
吉本荒野の家庭教師記録を読み上げた。

総括として「絆のない家族に再生はない」とかかれてあった。



別の日、茂之に呼び出され沼田家の3人は、
廃工場に集まった。

そこでは、茂之が山尾と仲直りをしていた。


一茂は、再就職の面接に落ちていた。
営業の元同僚と話をしてあやまった。
同僚は、今のお前ならきっと見つかると言った。


慎一と佳代子は、家に帰り片付けを始めた。
万引きしたものをもって謝りに行くことにした。


夜、一茂がサウナに入っていると、慎一が入ってきた。
一茂は、あせらずに少しづつ家族の絆を築いていこうといった。

夜、食卓を囲み「家族記念日」だと一茂は言った。

ようやく、沼田家に家族の絆が生まれていた。



車も家も売って、引っ越す沼田家だった。

そこへ水上沙良が現れ、5月26日に吉本荒野に会える。
真田宗多の命日だから、山小屋にいるはずだと慎一に伝えた。


慎一は、飛鳥とよりを戻した。
そして、大検に合格した。

ファミレスで合格祝いをする沼田家だったが、
きのこ雑炊しか頼めなかった。が
しかし仲のよい家族のようで楽しそうだった。

一茂は、お弁当屋さんの店長として働き始めた。

茂之は、創成館高校にさくらたちと一緒に合格した。



5月26日がやってきた。

佳代子も張り切ってパートに出かけた。

慎一は、あの山小屋へ向かった。

山小屋に入ってみると、吉本荒野が花をささげ
お祈りしていた。

外で、待っていた慎一はナイフを木に突き刺した。

「あんたを殴りにきた」といって吉本荒野に殴りかかった。
しかし、逆に吉本荒野に押さえつけられて跳ね飛ばされてしまった。


慎一は、8年前の真相を水上沙良に聞いたといった。

吉本荒野が本当に殺したのは、田子雄大 自分自身だと言った。


慎一は、もう一度殴りかかった。今度は2,3回当たった。

そして「あんたのせいで家族が崩壊した。」と何度もなじった。

最後に「あんたのせいで家族に絆が生まれた。ありがとうございました。」と
深々と頭を下げた。


吉本荒野は、一瞬だけ 田子雄大として心から笑った。


最後に、帰り道で慎一はひとつ腑に落ちないことがあるといった。
吉本荒野の部屋に水上沙良のチラシがあったこと。
わざと置いておいて水上沙良の8年前の真相を聞かせたのではないかと。
あの話は本当の話なのかと聞いた。

すると吉本荒野は「いいねぇ~」と言った。






家族ゲーム 最終話 第10話 ネタバレはここまでです。



家族ゲームの結末は、ハッピーエンドだったのでしょうか?

最後の慎一の質問の答えはいつか明かされるのでしょうか?


吉本荒野の過去ですが、
2年間旅をしていたとか。

吉本荒野を名乗る田子雄大の目的は
これではっきりわかりましたね。

最後の真田のお守りに願った、
吉本荒野のような怪物が二度と生まれないように。
僕のように弱い人間が生まれないように。
ということを実現させているのでしょうね。

過去に3人の生徒を
家庭教師として再生させたということでした。



吉本荒野の
いいねぇ~には、いろんな意味がありますね。

最後のいいねぇ~はどんな意味だったんでしょうか?



家族ゲームでの、 忽那汐里さんの正体は
3つの名前をもつ女でしたね。

立花真希、水上沙良となんでしたっけ?

浅海舞香でしたね。


家族ゲーム 忽那汐里さんの役は
なかなかいいねぇ~ですよね。

吉本荒野とグルじゃないのか?
って疑わしかったですよね。

やっぱりグルでしたよね。


沼田家に家族の絆が生まれてよかったですよね。

原作の小説のような結末だとちょっと悲しすぎます。



家族ゲーム第10話で最終回でした。

最終回の視聴率はよかったですね。
結末が気になったのでしょうね。

家族ゲーム
続編、SP、映画化に期待して楽しみに待ちましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

家族ゲーム 視聴率 速報 第9話 [家族ゲーム 視聴率 速報]

家族ゲーム 視聴率 速報 第9話

家族ゲーム 第9話 視聴率はどうなったのでしょうか?

速報結果が出ました。

家族ゲーム 視聴率 速報 第9話です。

家族ゲーム 視聴率 第1話 12.0%
家族ゲーム 視聴率 第2話 13.7%
家族ゲーム 視聴率 第3話 11.1%
家族ゲーム 視聴率 第4話 12.2%
家族ゲーム 視聴率 第5話 12.4%
家族ゲーム 視聴率 第6話 12.9%
家族ゲーム 視聴率 第7話 13.6%
家族ゲーム 視聴率 第8話 12.6%
家族ゲーム 視聴率 第9話 12.4%

家族ゲーム 視聴率 速報 のお時間です。

家族ゲーム 第9話視聴率は、12.4%でした。

前回より0.2%ダウン です。

吉本荒野 皮肉風いいねぇ~といったところでしょうね。

平均視聴率は、12.53%です。



家族ゲーム 第9話 あらすじ

吉本荒野(櫻井翔)によって沼田家は完全に崩壊したのだった。

あくる日になっても家族の間には会話ひとつなく、
家の中も散らかったまま誰ひとり片付けようともしない有様であった。

それぞれが吉本が消えてしまった心の穴を整理できずにいた。


佳代子(鈴木保奈美)はおもむろに納戸からスーツケースを引っ張り出すと、
誰に相談することもなく家を出て行く。

一茂(板尾創路)はとりあえず再就職先を探し始めるものの、
エリートだったプライドが邪魔をしてなかなか決まらない。

茂之(浦上晟周)も不登校に逆戻りしていた。
友達の園ちゃんからの連絡で久しぶりに登校するが、
またも集団イジメに取り込まれてゆく。


高校を辞めた慎一(神木隆之介)もまた怠惰な日々を送り、
吉本への憎悪だけが高まっていた。


そんなある日、
沼田家に慎一を心配して最上飛鳥(北原里英)が訪ねてきた。

飛鳥は万引き写真を先生に渡さなかった理由を聞かれ、
「好きだから…。きっと吉本もそれを分かっていたはず」と答える。

まるで吉本を擁護するようなその言い方に、
慎一は激昂し、突然、飛鳥を押し倒し襲いかかったのだった。


その後、慎一はナイフ片手に吉本のアパートに向かう。

既にそこはもぬけの殻だったが、
慎一は真希の写真が載った1枚のチラシを発見する。

それを頼りに何とか真希との再会を果たすものの、
彼女は本当の姿は驚愕たるものだった。


そして、怒りのたぎる慎一に向かって彼女はこう言った。
「教えてあげるよ、八年前の真相を……」




家族ゲーム 第9話 ネタバレの時間です。

吉本荒野の過去

立花真希は水上沙良というのが本名だった。

そして、現在吉本荒野を名乗る田子先生の教え子だった。
その上、自殺した真田宗多の幼馴染だったのだ。

本物の吉本荒野は、教頭の甥で、新任教師だった。
口癖は「いいねぇ~」。

外面がよく、教頭の甥という立場を利用して
同僚教師をも丸め込むような人間だった。

ある日、ストレス解消に放課後の教室で
同僚教師と3人でナイフでものを切り刻んでいた。

それを、忘れ物を取りに帰った真田が見てしまって
吉本荒野につかまってしまった。

それから、真田は吉本荒野と
同僚教師にいじめられる日が続いていた。

翌日、真田が元気ないのに気づいた田子先生は
真田の腕のあざを見つけた。

最初、真田は吉本荒野の指示通り父親にやられたといった。

しかし、お父さんに話をするという田子先生に
違うんだ、言ったら殺される といった。

田子先生は、吉本荒野にやられたことを知ると、
吉本荒野を呼び出し注意した。

その時、吉本荒野は自分は挫折を知らない、
人間を支配したい、弱者の気持ちなどわからないといった。

その時は、吉本は田子先生にもうしませんと言うのだが。

その後、屋上で話しをする田子先生と真田の写真を撮った。


翌日、怪文書が学校に撒かれていた。

田子先生は女子生徒と関係を持っているという内容だった。

教頭に呼び出され田子先生は注意を受けた。

そして、吉本荒野にお前がやったんだろうと職員室で言った。

しかし、吉本荒野はとんでもないことを言い始めた。
昨日、田子先生に女子生徒を紹介しろといわれたと嘘を言ったのだ。

周りの教師は、田子先生を疑いの目で見た。

職員室の外で、吉本荒野は田子先生に
「どっちが信用あると思うんだ?」といって脅した。


真田に対するいじめは続いた。
真田は、田子先生に助けを求めるが
立場を守るために田子は助けられなかった。

別の日に、真田をいじめている部屋に
水上沙良が呼び出された。


水上沙良は真田を助けたいなら、服を脱ぐように言われた。
最初は抵抗したが、真田の腕をナイフで刺したのを見て、
服を脱ぐことを承諾した。

吉本荒野は、水上沙良の裸の写真を撮った。


次の日、吉本荒野は田子先生のカバンにその写真を入れようと
歩道橋の階段で田子先生に声をかけた。

その時だった。
真田宗多が吉本荒野からカバンを奪おうとしてもみ合いになり
吉本荒野を突き落とした。

吉本荒野は、こうして寝たきりになったのだった。

そのあと、田子先生は職員室で事情を聞かれていたが、
真田宗多からの電話で職員室を飛び出した。


電話で話しながら、真田の居場所を必死に探したが、
なかなかみつからなかった。

やっと見つけたとき、真田は息を引き取っていた。


これが事件の真相だったと水上沙良は言った。

もっと聞きたい慎一だったが、
水上沙良は「また今度、逃げも隠れもしないから。」
といって去っていった。

家からの電話で家に戻った慎一は、
全員そろっているのにちょっととまどった。

一茂が家を売ることにした。といった。

佳代子は、離婚届を出した。

一茂が離婚届にサインしようとするのを
茂之が止めようとした。

そこへ、「呼ばれてないのに、じゃじゃじゃじゃーん」と
家庭教師 吉本荒野が現れた。




家族ゲーム 第9話はここまでです。

吉本荒野の過去ですが、
田子先生と水上沙良と吉本荒野の過去ですね。

文章で書くと、難しいというかわかりにくいかもしれませんね。

吉本荒野を名乗る田子先生の目的は
これでわかりましたね。

最後の真田のお守りに願った、
吉本荒野のような怪物が二度と生まれないように。
僕のように弱い人間が生まれないように。
ということを実現させているのでしょうね。

吉本荒野の正体は、
挫折を知らないエリートモンスターでしたね。

吉本荒野の
いいねぇ~には、いろんな意味がありますね。

家族ゲームでの、 忽那汐里さんの正体は
3つの名前をもつ女でしたね。

家族ゲーム 忽那汐里さんの役は 吉本荒野とグルじゃないのか?

やっぱりグルでしたよね。



このあと、沼田家はどうなるんでしょうか?

吉本荒野の過去の続きはどうだったのでしょうか?

次回、第10話最終回ですべてが明らかになりそうですね。


家族ゲーム第10話も視聴率、内容ともに楽しみですね。

一週間だけ楽しみに待ちましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

家族ゲーム 視聴率 速報 第8話 [家族ゲーム 視聴率 速報]

 
家族ゲーム 第8話 視聴率はどうなったのでしょうか?

速報結果が出ました。

家族ゲーム 視聴率 速報 第8話です。

家族ゲーム 視聴率 第1話 12.0%
家族ゲーム 視聴率 第2話 13.7%
家族ゲーム 視聴率 第3話 11.1%
家族ゲーム 視聴率 第4話 12.2%
家族ゲーム 視聴率 第5話 12.4%
家族ゲーム 視聴率 第6話 12.9%
家族ゲーム 視聴率 第7話 13.6%
家族ゲーム 視聴率 第8話 12.6%


家族ゲーム 視聴率 速報 のお時間です。

家族ゲーム 第8話視聴率は、12.6%でした。

前回より1.0%ダウン です。

吉本荒野風いいねぇ~といったところでしょうね。

平均視聴率は、12.55%です。



家族ゲーム 第8話 あらすじ

沼田家の崩壊は、もう誰にも止められない……
吉本荒野(櫻井翔)の放った辛辣な言葉も当の沼田家の面々には届かずにいた。

沼田家の面々は、それぞれ勝手な行動をするばかりだった。

株の損失で作った借金を前に佳代子(鈴木保奈美)は思考停止していた。

一茂(板尾創路)は会社の金を横領して穴埋めしようと画策していた。

立花真希(忽那汐里)へ疑惑を感じながらも交際を続ける慎一(神木隆之介)は、
恋人の飛鳥(北原里英)に冷たく別れを告げた。

そして、状況が好転していた茂之(浦上晟周)ですら、
新たな集団イジメに不本意ながらも加担を始めていた。

そんな中、吉本は高校を辞めて働くと言い出した慎一に、
「だったら俺とゲームしない?」と持ちかける。

本当に辞めるか否かで賭けをしようと言うのだ。

慎一に学校を辞められたら仕事の減ってしまう吉本としては、
もし無事に卒業してくれたら、ご褒美として慎一の言うことを何でも聞くと言う。

その代り、逆なら慎一が吉本の命令を聞くというのが条件だ。
結局、慎一はその提案に応じてしまう。


その後、慎一は真希の正体を探ろうと、
再び立花家の跡地へと赴き、衝撃の事実を知る。
立花家には、娘さんはいませんよ。と。

しかも、帰宅すると今度は学校から不吉な呼び出しがある。

新たなイジメに悩む茂之だった。
不審な動きを会社側に気づかれる一茂はどうなる。

そして、借金は返したと豪語する一茂に不安がつのる佳代子は。

家族それぞれの歯車が軋みをあげ始めていった。
 

吉本の沼田家崩壊のシナリオは、ついに結末に向かおうとしていた。




家族ゲーム 第8話 ネタバレの時間です。

慎一と佳代子は、吉本と一緒に学校に行く。
万引きの件だと勘違いしていたが、進路相談のことだった。
帰り道で吉本に佳代子は万引きのことを知っていたことを指摘される。
店に謝罪に行く前にやることがあるだろうと言われる。

一茂は、1000万円の横領が発覚して、会社をクビになる。
後輩社員に、泥沼田課長とバカにされる。

茂之は、元いじめをやっていた同級生をいじめて殴る。
殴った手に痛みを感じながら帰宅すると一茂が酔っ払って玄関先で寝ていた。


吉本が家を出てゆく時に、一茂と茂之が帰ってくる。

吉本は一茂に水をかけ目を覚まさせる。
そして100万円の返却を要求する。

一茂は、横領の件でクビになったことをしゃべる。

吉本は、自分が仕掛けたトラップの種明かしをする。

一茂に女性を近づけたこと。佳代子に浮気を感づかせたこと。
慎一に吉本がマキが関係あること。

この家は、沼田家にふさわしくない、売るしかないという。

沼田家の崩壊は、起こるべくして起こったといい、
100万円は後日といって吉本は出て行く。


玄関先で、茂之がおいかけてきてどこまで自分をだましていたのか聞く。

吉本は、さくらに協力を頼んだとこまでだという。
あとは、茂之がやったことだ。
いじめられていたのにいじめをやっていることを非難した。
やっぱりお前はダメダメな生徒だったといって去っていった。


吉本が去った沼田家では、一茂が佳代子に怒鳴っていた。
外での仕事の大変さをしゃべっていた。
すると佳代子が主婦の大変さを反論する。

そこへ慎一が降りてきて優等生を演じていたこと、
ストレス解消に、万引きやタイヤをパンクさせたり、
壁に傷をつけたりしていたことをしゃべった。

茂之は、手のひらを返したようにする態度をする一茂に
そんなんだからクビになったという。

慎一には、優等生と比べられて落ちこぼれたという。

慎一は、落ちこぼれの弟を持って苦労したという。


佳代子が立ち上がり、食器を床にたたきつけ壊していった。

一茂は、ゴルフクラブを持ち出し、テレビや壁を叩き壊した。

慎一は、ナイフでソファーやクッションを切り刻む。

茂之は、ペンキのようなものをぶちまけ、床や冷蔵庫などに落書きをした。

沼田家は、完全崩壊した。


翌朝、一茂が昼ごろ目を覚ました。
茂之は、学校に行かずテレビゲームをしていた。
下に降りていくと、佳代子はヘッドホンをして外を向いていすに座っていた。
水を飲んでいると、慎一が帰ってきて、学校を辞めたといった。


一方、吉本は、立花真希に会っていた。
いろいろありがとうといってお礼を渡した。
俺は、吉本荒野だという吉本に
立花真希は学校にいたときから田子先生でしたという。





家族ゲーム 第8話はここまでです。


このあと、沼田家はどうなるんでしょうか?

吉本荒野の過去はどうだったのでしょうか?

次回、第9話ですべてが明らかになりそうですね。


家族ゲーム第9話も視聴率、内容ともに楽しみですね。

一週間だけ楽しみに待ちましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

家族ゲーム 視聴率 速報 第7話 [家族ゲーム 視聴率 速報]

 
家族ゲーム 第7話 視聴率はどうなったのでしょうか?

速報結果が出ています。

家族ゲーム 視聴率 速報 第7話です。

家族ゲーム 視聴率 第1話 12.0%
家族ゲーム 視聴率 第2話 13.7%
家族ゲーム 視聴率 第3話 11.1%
家族ゲーム 視聴率 第4話 12.2%
家族ゲーム 視聴率 第5話 12.4%
家族ゲーム 視聴率 第6話 12.9%
家族ゲーム 視聴率 第7話 13.6%



家族ゲーム 視聴率 速報 のお時間です。

家族ゲーム 第7話視聴率は、13.6%でした。

前回より0.7%アップ です。

いいねぇ~といったところでしょうね。



家族ゲーム 第7話 あらすじ

吉本(櫻井翔)は、慎一(神木隆之介)からの激しい反撃をかわし、
何とか家庭教師解雇の危機を逃れた。

対して慎一の代償は大きく、完全に家族から孤立してしまう。

結果、慎一は同じ境遇の真希(忽那汐里)へとどんどん傾倒し、
逆に恋人の飛鳥(北原里英)への態度は冷たくなった。

飛鳥の手に吉本から渡された
万引きの証拠写真があることも知らずにいたのだった。

そんな独りよがりな慎一に、吉本はいいねえという。
「君にはもっと試練を与えてあげないとな」と言い放つ。


ある日、慎一が真希と映画館でデートをしていると、突然、吉本が現れた。

吉本は、真希に一茂(板尾創路)が会いたがっていると伝える。
「今更、会えるわけない!」と慎一が拒否するのも聞かず、
吉本は「夫婦の仲を悪くした責任があるだろ」と真希を追いつめる。


一方、佳代子(鈴木保奈美)は株で失敗した自分が情けなく、
「自分を変えたい」と願うようになっていた。


友達も増え、みるみる変わっていく茂之(浦上晟周)の姿を見て、
その想いは募るばかりだった。

しかし、あろうことか佳代子は再び株で大損をしてしまう。
それも今回は1000万円を超える莫大な損失をかかえてしまう。


吉本は佳代子に実家に頼るしかないとアドバイスするが
佳代子は「できない」と断る。

実は、佳代子は一茂のことが原因で実家から縁を切られていたのだ。
しかし、背に腹は変えられず、
思い切って父を訪ねる佳代子だったが、冷たく断られてしまう。

途方に暮れる佳代子がとった行動とはなんだったのでしょうか?


家族ゲーム 第7話 ネタバレの時間です。

途方にくれた母・佳代子は、浴室で自殺をしようとします。
そこへ現れた吉本は自分が自殺をしようとします。

吉本が慎一から取り上げた刃物で自分を刺そうとしたとき、
佳代子が振り払って止めます。

吉本は、佳代子には子供のためにお母さんには生きていて欲しいという。

そこへ一茂がやってきて何をしてるんだといいます。


吉本は、お母さんが自殺しようとしたこと。

それから、早口で佳代子が自殺に至った事情を語った。

一茂が横領していたことで佳代子の父から勘当同然だったこと。
株で失敗して借金を作ったこと。
父に借金を申し込んで断られたこと。

そこへ茂之がやってきて、おじいさんたちが来てることを一茂に伝えた。

佳代子の父が小切手を持ってきてこれで借金を払うようにといった。

佳代子の母が吉本が何度も佳代子の父に頭を下げて頼み込んだことをいった。

それに対して、一茂は家族の問題だから自分が何とかすると断った。


佳代子の父母が帰った後、吉本は一茂に具体的な返済方法を聞いた。
一茂は家族の問題に口を出すなという。

本当の家族になってみろ!とぶち切れた。
沼田家の崩壊はもう誰にも止められませんよといった。

翌朝、ラジオ体操をする吉本。会社へ出社する一茂であった。

一方、慎一は好きな子ができたと飛鳥に別れを切り出した。
いやだと言う飛鳥を振り切って慎一はその場を去る。

飛鳥は、慎一の万引き写真を持って先生のところへ歩いていった。

慎一がマキとの待ち合わせ場所に早く着いて行くと、
楽しそうに話しているマキを見つけた。

話している相手は吉本だった。


家族ゲーム 第7話はここまでです。


さあ、慎一はどうなってしまうのでしょうか?

一茂はどうなるのでしょうか?

やっぱり真希はキーパーソンですね。


家族ゲーム第8話も視聴率、内容ともに楽しみですね。

一週間だけ楽しみに待ちましょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

家族ゲーム 視聴率 速報 第6話 [家族ゲーム 視聴率 速報]

家族ゲーム 第6話も面白かったですね。

家族ゲーム 第6話視聴率 速報はどうだったのでしょうか?

家族ゲーム 視聴率 第1話 12.0%
家族ゲーム 視聴率 第2話 13.7%
家族ゲーム 視聴率 第3話 11.1%
家族ゲーム 視聴率 第4話 12.2%
家族ゲーム 視聴率 第5話 12.4%
家族ゲーム 視聴率 第6話 12.9%

家族ゲーム 視聴率 速報 第6話

家族ゲーム 視聴率 速報 のお時間です。

家族ゲーム 第6話視聴率は、12.9%でした。

前回より0.5%アップです。

吉本荒野なら いいねぇ~。と絶対いいそうですね。


家族ゲーム 平均視聴率も12.34%とアップしました。

やっぱり、いいねぇ~。ですね。






家族ゲーム 第6話 あらすじ

吉本荒野(櫻井翔)の暗躍のおかげで、
茂之(浦上晟周)は親友・園田との関係を取り戻し、
学校でのイジメからも解放されようとしていた。

逆に慎一(神木隆之介)はすべての歯車が狂い始め、
精神的にも追い詰められていた。

その日、沼田家は昼間から怒号が飛び交った。
一茂(板尾創路)が最近成績の芳しくない慎一に対し、
吉本を家庭教師につけると決めたからだ。

激しく抵抗する慎一だったが、
吉本は万引きの写真やカッターナイフをチラつかせ、
なかば強引に承諾させる。

しかも、2人を勉強に専念させる為に、
夏休みの間、沼田家に住み込むと提案。

さすがの一茂も躊躇するが、
意外や佳代子(鈴木保奈美)が賛成に回り、あれよあれよと同居が決定する。

翌日から吉本は朝晩ところかまわず慎一に付きまとい始める。
慎一は立花真希(忽那汐里)へも簡単に連絡が取れない状況に陥り、
イライラが募った挙句に「もう自分に構うな!」とキレる。
すると吉本はあっさりと引き下がった。

お互いのすべてを知り共感を得た慎一と真希は、
本格的に吉本を追い落とす作戦に着手する。

まずは一緒に本物の吉本荒野(忍成修吾)を訪ね、
嫌がる母親から"吉本の過去"を知る人物の情報を得る。

一方で、一転して慎一を無視し始めた吉本は、別の対抗措置を開始。

二人の静かな攻防戦が続いていた。

ついに慎一は吉本の決定的な弱みとなる
証拠を手に入れることに成功し、家族会議を開くことにした。

果たして吉本の運命はどうなったのでしょうか?



家族ゲーム 第6話 ネタバレタイムです。

家族会議で、
立花真希から受け取った証拠を武器に吉本荒野を追い詰める慎一。

吉本荒野ではなく、田子雄大と言う名前だということ。

生徒をいじめていたこと。

本当の吉本荒野を階段から突き落としたこと。

これらを元中学校の同僚教師から聞き出して、DVDで家族に見せた慎一。


追い詰められる吉本荒野だったが、茂之が今の生活が楽しいと訴えた。

茂之を変えてくれたのは、吉本荒野だと母も訴える。

最後に、父・一茂が吉本荒野を信じると言って茂之の家庭教師継続が決定した。

吉本荒野の逆転勝利でした。



慎一は、失意のまま立花真希に会う。

家族を取られてしまったという慎一。

すると真希はあなたの味方だからといって
慎一を抱きしめた。



一方、吉本荒野は、慎一との待ち合わせに来ていた飛鳥に会う。
そして、慎一の万引き写真を飛鳥に見せた。

驚きを隠せない飛鳥。

吉本荒野はいいねぇといった。



今回 家族ゲーム 第6話は、ここまででした。

立花真希の行動は謎が多いですよね。

デジャブ的なシーンがありましたよね。

みなさんは、お気づきになりましたか?

今後も、立花真希がキーパーソンになりそうですね。


家族ゲーム 第7話の視聴率も内容も楽しみに待ちましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

家族ゲーム 視聴率 速報 第5話 [家族ゲーム 視聴率 速報]

家族ゲーム 視聴率 速報 第5話

家族ゲーム 視聴率はどうなったのでしょうか?


家族ゲーム 視聴率 速報 のお時間です。

家族ゲーム 第5話視聴率は、12.4%でした。

前回より0.2%アップです。

吉本荒野なら いいねぇ~。と思わずいいそうですね。


家族ゲーム 平均視聴率も12.25%とアップしました。

またまた、いいねぇ~。ですね。





家族ゲーム 第5話 あらすじ

吉本荒野(櫻井翔)の教え子である茂之(浦上晟周)の成績が著しく上がり始めた。
勇気ある愛の告白が成功した真野さくらの存在も影響してか、
勉強に積極性が出てきたせいだ。

その一方で、兄の慎一(神木隆之介)は成績も下がり気味な上に、
部活動も休みがちになっていた。
 
実は、慎一は『吉本荒野を訴える会』なるサイトの管理者、
立花真希(忽那汐里)と頻繁に会っていた。

真希は自分の家族がどんな方法で吉本に追い込まれ家族崩壊に至ったかを慎一に語る。
借金苦による一家心中。それはまるで今の沼田家を彷彿とさせる内容だった。
ショックを隠せない慎一だった。

まさに佳代子(鈴木保奈美)がその餌食となりかけていた。
一茂(板尾創路)への愛情が一気に冷めた佳代子は、
急激に株投資へとのめり込んでいた。

そんな時、茂之は真野さくらに呼び出されて衝撃の告白を受ける。
さくらは幼馴染の園田のことも好きだと言う。
自分ではどちらかに決められないので、
次回の模試で成績が良かった方と恋人として付き合うのはどうかと提案する。
園田はすでに承諾しており、茂之も勝負を受けるしかなかった。
早速、茂之は事の成り行きを吉本に話し、「打倒、園田!」へと燃える。

一方、真希と共闘して吉本を攻略することにした慎一だったが、
その行動は吉本に見透かされていた。
そして、慎一の元に見知らぬアドレスからメールが届いた。
そこには父・一茂と浮気相手の舞香=真希のキス写真が添付されていたのだった。


茂之は、塾のトイレで園田に会う。負けたくはないと宣言する。
しかし、トイレから出ようとするとさくらが友達と歩きながら、
茂之と園田に模試の成績勝負は余興でつきあうなんてありえないと言う。

ショックを隠せない茂之と園田。

家では、茂之を励ます会をやっていた。
そこへ父・一茂が帰ってきて、俺へのあてつけだと言う。

吉本荒野は、茂之を励ます会なのに
誰も茂之の泣きはらした目を見ないという。

茂之はちょっとでかけるといって出て行く。

いいねぇ~。

茂之は、園田の家に行き模試で勝ってさくらを振ってやると言う。
園田も俺が勝ってさくらを振ってやると言う。
少し以前のように打ち解けてきた二人だった。


模試の結果、茂之が勝ってさくらに
「これは余興だ。これくらいのことがないと勉強もやってられない。」といってさくらを振る。


公園まで走ってきた茂之と園田。内心落ち込んでいた二人。
園田が昔持ち帰った茂之のアイドルの写真集をごめんなと言って返す。
すると茂之は5時からアイドルのイベントがあるからとさそう。
二人は仲直りできたようだ。

慎一は、部活の補欠から俺は死んだほうがいいのだろうかと相談の電話をうけた。
そんな度胸もないくせにと冷たくあしらって電話を切ってマキに電話をした。

一方、吉本荒野は、さくらと会っていた。
謝礼を渡しながら「君には損な役回りをさせてしまったね。」と言う。
さくらにあんな模試の成績競争を持ちかけさせたのは吉本荒野だった。
さくらは、茂之が同じ学校に行けたらいいと思って協力していた。
吉本荒野は、「そのときは、君のほうから告白してやってくれ。」という。


その様子を見ていた慎一がつけてきていたのを知っていた吉本は、
いつもの学校で慎一と話をする。
慎一は、さっきの現場写真で家庭教師をクビにするという。

立花真希が隠れて二人の会話を撮影しているのを、吉本荒野は察知していた。
吉本荒野は、立花真希の過去とそのときの状況などを語りだす。
そして、立花真希が家族を殺したといって追い詰める。

吉本荒野は、家族の声が入ったディスク?と撮影したビデオカメラの交換をしようという。
嘘をついて、ビデオカメラを取り上げた吉本荒野は立花真希を跳ね飛ばす。


その様子を見ていた慎一が刃物を取り出すと、吉本荒野は刺せと言って迫っていく。
そして腕を刺されながら、昔のいじめられていた生徒のことを思い出しながら
慎一に他人の気持ちがわからない、挫折を知らない、自己中心にいきているとか
恐怖を味あわせてやるとかモンスターだとか言いながら、
最終的に刃物を取り上げ床に倒した慎一の顔の横に刃物をつきたてた。

吉本荒野が去ったあと、慎一の電話が鳴る。
部活の補欠が首を吊って自殺したという連絡だった。

一方、家では母がパソコンで株の暴落の画面を見ながら
呆然としながらつめを噛んでいた。



今回はここまで。

吉本荒野は、悪人なのか本当にいい先生なのか交錯しますよね。

演技で悪人のときは迫力がありますよね。

次回の話しはどうなるのでしょうね。

視聴率も内容も楽しみですね。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

家族ゲーム 視聴率 速報 第4話 [家族ゲーム 視聴率 速報]

家族ゲーム 視聴率 速報 のお時間です。

家族ゲーム 第4話視聴率は、12.2%でした。

前回より1.1%アップです。

いいねぇ~。と思わず吉本荒野ならいいそうですね。


家族ゲーム 平均視聴率も12.22%とアップしました。

これまた、いいねぇ~。ですね。





家族ゲーム 第4話 あらすじ


弟の茂之がラブレターをもらう!


『吉本荒野を訴える会』という裏サイトがあった。

サイトを発見した慎一は、

管理人にアクセスしてみることにした。


今まさに弟が犠牲になろうとしているというメッセージを送った慎一。


すると、管理人の『マキ』という人物から返信がきたのだ。

自分が同士と認めた者に限り、家族を殺された話を聞かせるというのだが・・・。


弟は自分に理解を示す吉本を頼るようになり、そんな弟が心配だと書き込んだ慎一。

すると、マキから「あなたは私に二つの嘘をつきました」と返信が来たのだった。



お前を変えると茂之を抱きしめた吉本。

それから一人でも学校へ行くようになり、吉本の前では笑顔が増えた茂之。



さくらという中一の時に同じクラスだった女の子から手紙をもらったのだった。

それをラブレターだと言って、得意げに吉本に見せたけれど、
クラスになじむのは大変だろうけど頑張ってと書かれていた。






それを見ていた慎一は、マキに見透かされたようなことを言われてしまう。

「本当に孤独なのは、貴方なんじゃないですか」

そして吉本も、自分たちを見ている慎一の存在には気づいていた。


「いいねぇ」





茂之の成績は少し上がったようで、今度はもっとあげて見せるという。

次の順位次第で一茂は臨時ボーナスを出すと約束した。



慎一はマキに素直に自分が優等生を演じていると告白した。

皆を見下し、誰も信じていない。
吉本の事を知りたいのは、弱みを握られているからだと書き込んだのだ。



友達は共感、彼女は直感だという持論を掲げ、吉本は、
茂之にさくらと付き合えと言い出す。

吉本に尋ねる一茂は、誕生日会での舞香との会話を盗 聴されていた事を吉本に尋ねる。
リビングにテープが落ちていたと吉本は答えた。
それを聞いた時に操作ミスで編集に録音されてしまったというのだ。
テープは捨てたと。





佳代子は今度ネット株を勉強しはじめた。
でも、100万も使うなど出来ないと、消極的だった。





吉本は、舞香との会話を録音したのは自分だと認めたのだ!!
「お母さんのために、やりました」と。


そこへ帰ってきた茂之と一緒に、さくらとのデート対策の一環として、インラインスケートの練習へ。
いつの間にか彼女のデーターを調べ上げていた吉本は、
手紙の返事まで伝授し、彼女をデートに誘えと命じたのだ。



その頃、本心を明かした慎一を同士と認めたというマキからのメールが入る。
そのメールを見ている時、物音に気づいた慎一。

どうやら吉本は、佳代子の日記を探していたようだ。
大声を上げるという慎一に、写真をばら撒くの一言で黙らせた吉本。


一方、さくらへの手紙を渡した茂之は返事にドキドキしていた。
やはりインラインスケートに興味を持ったさくら。

だが、待ち合わせの返事をもらって喜んでいる茂之を見て、
山尾たちはそのメッセージを取り上げようとするのだが、
茂之はそれを飲み込んでしまった。

気に入らない山尾たちは一斉に茂之をボコボコにした。





今度、茂之がデートするという話を聞き、驚く佳代子。
最近茂之はいい面構えになってきたという吉本。
そして、顔を腫らしてきた茂之だったが・・・
これも練習の成果だと笑ってみせたのだ。





一方、一茂は舞香と別れ話をするのだが・・・
自分は一茂が好きだと言って、別れ際にキスまでされてしまう。





そしてマキとの会話を続ける慎一。
「あの男を止めないと、取り返しのつかないことになる」とマキはいう。

明日の茂之のデートにこっそりついていかないかと佳代子を誘う吉本。



そして当日。
気合入れて出かけた茂之の後を追う二人。

いい感じで楽しそうなさくらと茂之。
失敗してもさくらに助けられたり。

茂之のいい顔。
久しぶりに見たと嫉妬してしまう佳代子。

吉本は慎一がつけていた事に気づいていた。



何故佳代子を誘ったのか?

このまま一茂に対して冷めた気持ちのままでは困るという吉本。


そして、慎一は弟思いだから、自分が呼んだと、佳代子と合流。


次に茂之が向かった先は・・・。
海の見える洒落たコーヒーショップ。
だが、そこでオレンジュースを頼んだ茂之。
それを見た佳代子は懐かしさに昔の事を思い出す。
この場所は佳代子と一茂がデートした場所。
そして、プロポーズされた所だった。

ガチガチになりながらも、懸命に告白する茂之。
その手を離さないで、つきあって欲しい言う茂之に、さくらはそれを了承した。







そしてその夜。
一茂を迎えに行った佳代子。
横に並んだ二人は・・・自然と手を繋いで歩きだす。

そして翌日、慎一が家に戻ると
自分の部屋のPCで、あのサイトを見ている吉本に遭遇した。



外では何やら奥さん方が佳代子に話をしていた。
また画像が送られてきたという。
それは、舞香とのキスシーンだった。


隣の部屋からゴルフグラブを取り出した吉本は、PCをたたき壊してしまった。
携帯を出せと吉本がいうとしかたなく携帯を出しだす慎一だった。

慎一はカモフラージュでもうひとつ携帯を用意していた。
これもマキの指示だった。

家に戻ってきた佳代子は
ナミカゼ商事という株を100万分買うと言い出す。
定期預金を崩したらしい。
「いいですねぇ」と吉本がいった。

そして慎一はマキと待ち合わせをする。
「はじめまして、管理人のマキです」と言ったのは
なぜか舞香だった。




なんだか怖いですよね。

しかし、吉本荒野は教師だったんですかね?

気の弱そうな教え子が、回想ででてきましたしね。


なにはともあれ、謎が多いですよね。

最終回まで見逃せませんね。

マキと舞香はどういうことなんでしょうか?

家族ゲーム 第5話も視聴率も話の続きも楽しみですね。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
家族ゲーム 視聴率 速報 ブログトップ
google-site-verification: google00e880da16006c90.html