So-net無料ブログ作成
検索選択
スーパームーン 2013 ブログトップ

スーパームーン 2013 地震 [スーパームーン 2013]

スーパームーン 2013 最も満月が地球に近づきます。

2013年6月23日午後8時32分に
スーパームーンが起こるそうですよ。

沖縄は夜にかけて晴天が続くという予報です。
スーパームーンが見られるのは、沖縄だけのようですね。

スーパームーンとはなんでしょうか?

スーパームーンとは、月が地球に最も近づいたタイミングで、
満月または新月になることです。

あまり聞きなれない言葉ですよね。、

月の軌道は完全な円ではないそうです。

少しひしゃげた楕円軌道を描くため、
地球に最も近づく地点と
最も遠ざかる地点が存在するそうです。

月が地球に近づくと、
当然普段よりも少し大きな月を眺めることができるようですね。

これが満月や新月のタイミングに重なると、
スーパームーンとよばれているのです。

新月を実際に見ることはできませんから、
普段よりも大きな満月が見られると
思っていただければよいということです。


月が地球に最も接近する時と満月が重なる
「スーパームーン」という現象が、
米東部時間23日午前7時32分(日本時間同日午後8時32分)に起きるそうです。

米航空宇宙局(NASA)によると、
スーパームーンは通常の満月に比べ、
大きさが14%、明るさが30%増して見えるそうです。

ほぼ年に一度のペースで観測され、
次回は来年8月となる計算だそうです。

今回は米東海岸などで日の出の後となり、
月自体が最接近直前に沈んでしまう地域もあるが、
西海岸ではタイミングよく観測できる見通しです。

月は地球から約35万7000キロの距離まで近づきます。

NASAによれば、
通常の満月に比べて潮の満ち引きや
地震活動への影響が大きくなる恐れはないそうです。

2週間後になると、月は地球から約40万7000キロと、
最も離れた位置まで遠ざかるということです。


今夜は、スーパームーンが見られることを願って
夜空を見上げてみるのもいいですね。
スーパームーン 2013 ブログトップ
google-site-verification: google00e880da16006c90.html