So-net無料ブログ作成
検索選択
箱根駅伝 東洋大 総合優勝 ブログトップ

箱根駅伝 東洋大 総合優勝 [箱根駅伝 東洋大 総合優勝]

第90回箱根駅伝(2014年1月3日)東洋大 総合優勝

第90回箱根駅伝は3日、
前日2日の往路に続いて復路(神奈川・箱根町~東京・大手町、108・9キロ)の5区間で行われ、
往路優勝の東洋大が独走で復路も制し、完全優勝。

2年ぶり4度目の総合優勝を勝ち取った。

タイムは10時間52分51秒。

歴代2位の好タイムで、2位駒沢に4分以上の差をつけての圧巻の勝利だった。

東洋大の復路のタイムは5時間25分38秒で、復路新記録となった。



東洋大は6区の山下りで日下(4年)が、
2位駒大にスタート時より18秒差をつけると、
7区服部弾(1年)、8区高久(3年)が区間賞で勝利を引き寄せ、
駒大の追い上げも届かず、9区上村(2年)、10区大津(4年)で逃げ切った。


酒井監督は「2位は敗北と同じ。箱根だけは譲れない」と言い続けて箱根駅伝に臨み、
選手は「その1秒をけずり出せ」をスローガンに、
学生駅伝5大会連続2位の悔しさをぶつけ、出雲、全日本で敗れた駒大に雪辱した。

2位の駒大はじりじり差をつけられ、
9区で主将の窪田が28秒差を詰めたが、
東洋大を脅かすことができずに、
これまでの大学記録を上回る10時間57分25秒を出しながらも
目標だった学生駅伝3冠はならなかった。

3位には9区で早大を逆転した前回優勝の日体大が入り、
3年ぶりの優勝を目指した早大は4位に終わった。

青山学院大は10区で明大を抜いて、
88回大会と並ぶ大学史上最高の5位。

明大は6位だった。


第90回箱根駅伝結果はこちら

来年はどうなるのか?今から楽しみですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
箱根駅伝 東洋大 総合優勝 ブログトップ
google-site-verification: google00e880da16006c90.html