So-net無料ブログ作成
なでしこジャパン 圧勝 15秒弾 ブログトップ

なでしこジャパン 圧勝 15秒弾 [なでしこジャパン 圧勝 15秒弾]

サッカーのなでしこジャパン(FIFAランク3位)は
山形県天童市のNDソフトスタジアムで
ガーナ代表(同48位)と親善試合を行い、
FW高瀬選手(INAC神戸)の2ゴールなど5―0で快勝しました。

2連覇のかかるアジア大会へ向けて大きく弾みをつけた。

あっという間に主導権を握った試合でしたね。

MF宮間選手(岡山湯郷)のロングパスに
高瀬選手が飛び出しループシュートを決めました。

前半開始15秒で1点を奪うと、
前半10分、今後はMF坂口選手(日テレ)が
宮間選手とのワンツーから前線に抜け出し、
GKをかわしての浮き球で2点目をゲットしました。

さらに前半18分にはMF川澄選手(INAC神戸)のクロスに
高瀬選手が右足で合わせてこの日2点目を決めた。

試合を優位に進めるなでしこジャパンは前半30分、
左CKの流れからMF北原選手(新潟)がゴール前のDF長船選手(仙台)にパス、
これを長船選手が冷静に決めました。、

前半38分にはMF中島選手(INAC神戸)の
ミドルシュートがゴールネットを揺らして5点目ゲットでした。

力の差を見せつけ5-0とリードして折り返しました。


なでしこジャパンは、前半から5人を入れ替えて臨んだ後半も開始から圧倒しました。

後半11分、中島選手からのパスを後半出場のMF猶本選手(浦和)が
ペナルティーエリア手前で受け、同じく後半出場のFW吉良選手(浦和)へスルーパス。

吉良選手はGKと交錯して得点はならなかったのですが、
その後も終始ボールを支配していました。

結局追加点はならなかったが5-0完勝でした。

2日後に迫ったアジア大会1次リーグ初戦の中国戦へ向け、
大きな自信を持って臨むことになりましたね。



尾花沢市出身で、故郷に錦を飾った形の
佐々木監督は試合後も上機嫌だったようです。

佐々木監督は 「全員で戦った」と振り勝った試合でした。

「インチョンでのアジア大会へ弾みがついた」と納得の表情だったようです。

インタビューの最後にはサポータに向かい、
故郷の花笠音頭の掛け声「やっしょーまかしょ」を響かせるなど
笑顔が絶えなかった佐々木監督でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
なでしこジャパン 圧勝 15秒弾 ブログトップ
google-site-verification: google00e880da16006c90.html