So-net無料ブログ作成
台風19号 列島縦断 ブログトップ

台風19号 列島縦断か 九州沖縄厳重警戒 [台風19号 列島縦断]

大型で非常に強い台風19号は、
11日(土)から12日(日)にかけて沖縄・奄美に近づき、
13日(体育の日)から14日(火)にかけて
列島を縦断・上陸するおそれがでてきました。


台風19号は、3連休の天気や交通手段に
大きな影響を与えるおそれもあるため、
気象庁は台風に対する早めの備えを呼び掛けています。

10日午後3時現在、大型で非常に強い台風19号は、
沖縄の南の海上にあって、時速15キロで北へ進んでいます。

台風19号の中心気圧は920ヘクトパスカル、
最大瞬間風速は70メートルとなっています。

【暴風・高波・高潮】
沖縄や奄美は、11日は風速25メートル以上の暴風域に入る予想です。
夜からは猛烈な風が吹き、海では猛烈にしける見込みになっています。
九州南部でも、非常に強い風が予想されています。

11日にかけて予想される最大瞬間風速と波の高さ
 沖縄地方  65メートル 13メートル
 奄美地方  50メートル 13メートル
 九州南部  35メートル 8メートル

九州沖縄では、大潮の時期と台風の接近が重なり、
高潮が発生するおそれがあるため、
高潮による浸水や冠水にも注意が必要です。

【大雨・雷・突風】
 沖縄・奄美では台風の接近に伴い、
11日は局地的には1時間に80ミリの猛烈な雨が降る見込みで、
土砂災害・低い土地の浸水・河川の増水・はん濫に厳重に警戒し、
落雷や竜巻などの激しい突風にも注意する必要があります。

11日午後6時までの24時間に予想される雨量
  沖縄地方・奄美地方200ミリ
12日午後6時までの24時間に予想される雨量
  沖縄地方・奄美地方300から500ミリ
  九州南部200から300ミリ

台風19号 列島縦断か 
九州から沖縄12日にかけ暴風・高波・大雨に厳重警戒


台風 13日は西日本、14日は東日本・東北へ
 台風19号は、12日(日)にかけて沖縄・奄美に近づいた後、
進路を東寄りに変えて、13日(体育の日)には西日本、
14日(火)には東日本・東北に接近し、列島を縦断・上陸するおそれがあります。


 11日(土)の本州付近は、高気圧に覆われて晴れる所が多い予想だが、
海では西日本から東日本の太平洋側を中心に、
次第にうねりや波が高くなる見込みになっています。

 12日(日)からは広い範囲で台風の影響が出始め、
3連休の列島各地に大きな影響を与えるおそれがあるため、
今後も最新の情報に注意し、早めの対策を心掛けたいですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
台風19号 列島縦断 ブログトップ
google-site-verification: google00e880da16006c90.html