So-net無料ブログ作成
検索選択
ウサイン・ボルト 100メートル決勝 棄権 ブログトップ

ウサイン・ボルト 100メートル決勝 棄権 [ウサイン・ボルト 100メートル決勝 棄権]

ウサイン・ボルト選手が 100メートル決勝 を棄権したようですね。

五輪代表選考会を兼ねた陸上のジャマイカ選手権で
肉離れのため決勝を棄権したようです。






rapture_20160702225324.jpg

五輪代表選考会を兼ねた陸上のジャマイカ選手権(キングストン)は
1日に2日目の競技を行い、200メートルと400メートルリレーを併せて
五輪3冠の3連覇を狙うウサイン・ボルト(29)が左太腿の肉離れで
100メートル決勝を棄権。

準決勝は10秒04で1組の1位で通過していたが
「きのうの予選で違和感を覚え、準決勝でも同じ状態だった。
医師の診察を受けたところグレード1の損傷(最もひどいのはグレード3)と診断された」として
決勝への出場を断念した。

全米選手権ではいかなる理由があっても上位3人だけにしか代表権はないが、
ジャマイカの陸上連盟は負傷したことが証明できれば「医療免除」を認めているために、
診断結果を受けてボルトはただちにこの“恩赦”を申請。

しかし今月22日に開催されるダイヤモンドリーグのロンドン大会までに
代表にふさわしい結果を出す義務があり
「ロンドンでは回復していることを証明したい」と語ったボルトは、
今後3週間で体調を元に戻す必要に迫られている。

なお決勝では11年の世界選手権(韓国・大邱)の覇者で
ロンドン五輪では2位だったヨハン・ブレーク(26)が9秒95で1位。

ただし一度はフライングと判断され、
抗議の末にその判定が覆されるという不可思議なレースとなった。

9秒96をマークしたニッケル・アシュミード(26)が2位。
元世界記録保持者のアサファ・パウエル(33)は10秒03で4位に終わった。

女子100メートル決勝では五輪で過去2大会連続で金メダルを獲得している
シェリーアン・フレイザープライス(29)が代表の座を獲得したものの、
10秒93で2位となる大波乱。

エレイン・トンプソン(24)がフレイザープライスが保持する
ジャマイカ記録に並ぶ10秒70(世界歴代4位)をマークして1位となった。


ジャマイカは、短距離選手の層が厚いですね。
ボルト選手がオリンピックに出ないとちょっと寂しい気がします。
回復して代表になって欲しいですね。



引用元記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160702-00000123-spnannex-spo




ブロトピ:こんな記事あります
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
ウサイン・ボルト 100メートル決勝 棄権 ブログトップ
google-site-verification: google00e880da16006c90.html