So-net無料ブログ作成
検索選択
生稲晃子 闘病生活告白 ブログトップ

生稲晃子 闘病生活告白 [生稲晃子 闘病生活告白]

生稲晃子 闘病生活告白が話題です。

生稲晃子さん。

5年前の春、
右胸に乳がんが見つかり、
治療と乳房再建のために
5度の手術を経験したそうです。


rapture_20160806211915.jpg


アイドルグループ「おニャン子クラブ」のメンバー
として人気を博し、
解散後は女優業などで活躍してきた
生稲晃子さん(48)。

5年前の春、右胸に乳がんが見つかり、
治療と乳房再建のために5度の手術を経験した。

闘病の日々を支えたのは仕事、
そして家族への思いだった。

平成22年末、例年受けていた
自治体の無料検診を受けそびれたことに気づきました。

そこでお友達の医師に勧められ、
翌年1月に受けた人間ドックで
右胸にがんが見つかったんです。

「来年受ければいいや」と先延ばしにしていたら…。
ラッキーだったと今では思います。

正式な告知を受けたのは4月、
43歳の誕生日でした。

ドラマのワンシーンを撮っているかのようでした。
ショックでしたね。
ずっと元気で生きてきて、

私の中で「がん」の2文字は
「死につながる怖い病気」というイメージでしたから。


このときは「(死への)覚悟が
必要なんだろうか」と思いました。

相当たちの悪いものが私の中にある。
打ち勝つ術があるだろうか…と。

 
がんを公表せずに仕事をしていたので手術の翌日に、
撮影で腕を上げなければならないこともありました。

「四十肩なので」などとごまかしましたが、
お世話になっているスタッフや共演者の方たちに、
病気を隠していることが心苦しかった。

それでも仕事中は病気を忘れられた。
仕事は大きな支えでした。

もう一つの支えはやはり家族ですね。

娘は「ママががん」ということを、
誰にも言いませんでした。

あの子なりに母親の状態を
理解してくれていたと思います。

夫も娘も病気になった後も、
変わらない態度で接してくれた。
普段通りに。
それにはすごく感謝しています。

今も3カ月に一度は検査を受けています。
がんと闘った5年間で学んだことは
「普通を保つ」ことの大切さです。

つらいからこそ、仕事も家庭も普段通りに、
穏やかに生きようと頑張りました。

それが逆境に打ち勝つ力に
なったと今、改めて感じています。

〈いくいな・あきこ〉 
昭和43年、東京都生まれ。

61年に「おニャン子クラブ」
オーディションに合格。

解散後は女優、リポーター、講演活動などで活躍。

昨秋、乳がんを公表し、
今年4月に闘病の日々をつづった

「右胸にありがとう そしてさようなら」(光文社)を出版した。




右胸にありがとう そして さようなら: 5度の手術と乳房再建1800日


9月14日に「がん対策推進企業アクションセミナー」
(東京都港区のヤクルトホール)で講演予定。




がんはおそろしいですね。

検査だけは行っておきたいですね。

がん検診ですよ。






いまなら無料でドラマも見れます。







引用元記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160806-00000512-san-enth-ent

ブロトピ:今日のブログ更新






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
生稲晃子 闘病生活告白 ブログトップ
google-site-verification: google00e880da16006c90.html