So-net無料ブログ作成
検索選択
体操男子団体 金メダル ブログトップ

体操男子団体 金メダル [体操男子団体 金メダル]

体操男子団体 金メダル獲得が話題です。




rapture_20160809082838.jpg


日本が2004年アテネ五輪以来、
3大会ぶりに王座を奪回した。

前半で首位を走ったロシアを
鉄棒で逆転した日本は
最終種目の床運動でも高得点をマークし、
計274・094点で優勝した。

ロシアが銀メダル、中国が銅メダルだった。

体操ニッポン史上最年少の金メダリストが誕生した。

白井健三(19、日体大)は得意の跳馬で16・133、
床運動で16・133とそれぞれチーム最高得点をマーク。

チーム最年少、初の五輪出場ながら
“ひねり王子”の名にふさわしい演技で
悲願の団体金メダルを導いた。

白井は授賞式を終え「(実感は)ないですね、
やっぱり」と一言。

予選では床運動で
「リ・ジョンソン(後方抱え込み2回宙返り3回ひねり)」
を実施した際にラインオーバーをするなど
満足のいく内容ではなかったが
「コーチの方からも予選の
反省練習だって言われていました。

予選も(床運動が最後の)6種目目で
決勝も6種目目で、
今年の全日本でも6種目目で。

床に何かの運命があるんだろうなと
思いながら入った」と切り替えて
挑んだことを明かした。

予選の反省から
「ラインオーバーをやっぱり気にしてしまった」と振り返ったが
「力が入り過ぎずにいい演技できた。

みんなのおかげだと思う」と
チームメートへの感謝を口にした。

金メダルを手にし
「本当に人生で一番心臓に悪い日だった
といっても過言ではないが、
間違いなく一番幸せな日になった」と喜びをかみしめた。

白井は10日(日本時間11日)に
個人総合決勝(床運動、跳馬)を控える。

次戦を見据え、「この勢いそのままに臨みたい。

団体第一で考えてきたので、
今日みたいな演技ができれば、
結果はついてくると思う。

自分の演技をしたい」と意気込んだ。



やりましたね。
団体の金メダルは、日本体操の悲願でしたね。

おめでとうございます。

いまなら無料でドラマも見れます。







引用元記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160809-00000067-spnannex-spo

ブロトピ:今日のブログ更新






体操男子団体 金メダル ブログトップ
google-site-verification: google00e880da16006c90.html