So-net無料ブログ作成
検索選択
トイレットブレーク 錦織圭 ブログトップ

トイレットブレーク 錦織圭 銅メダル [トイレットブレーク 錦織圭]

トイレットブレーク 錦織圭が話題です。

銅メダルを獲得した
錦織圭選手が第3セット開始前に
トイレットブレークを約12分間取ったことで
宮本武蔵のようだと話題です。





rapture_20160815120231.jpg

リオデジャネイロ五輪のテニス男子で
スペインのラファエル・ナダルに勝利し、

日本の錦織圭選手が銅メダルを獲得したが、
試合中に起きた「ある場面」をめぐって、
「宮本武蔵」を想起する人がツイッター上で続出している。

2016年8月15日未明(日本時間)に
行われた3位決定戦。

錦織圭選手は第1セットを6-2で取ったが、
第2セットは5-2から逆転され6-7で落とす。

試合は3セットマッチで、
このまま勢いに乗って勝利したいナダルだったが、
第3セット開始前、錦織圭選手は
約12分間の「トイレットブレーク」で試合を中断した。

■「どうなっているんだ」と試合中に抗議

トイレットブレークは両選手が一緒にとったのだが、
いち早くナダルが戻ったのに対し、
錦織圭選手が戻らず、ナダルのいら立ちが募った。

「12分間も試合が中断して、
どうなっているんだと審判に尋ねた」
とナダルは試合後に語った。

中継でも審判に抗議している様子が映されていた。

トイレットブレークは競技規則に認められているルールで、
3セットマッチシングルでは試合中に一回取ることができる。

時間は、審判が理に適っていると
判断できる範囲内とされており、
錦織圭選手のトイレットブレークも
ルール上は問題ないと判断された。

その後、最終第3セットは、
第4ゲームで錦織がブレークに成功し、
自身のサービスゲームは確実にキープ。

6-3で取って試合に勝利し、
銅メダルを獲得した。

結果的にナダルの苛立ちを募らせた
このトイレットブレークに、

剣豪・宮本武蔵が
佐々木小次郎との巌流島決闘で、
わざと約2時間遅れて到着したとされる
逸話と重ねる声がツイッター上では続出。

コピーライターの糸井重里氏も

「原因は知らないのだけれど、
雪崩(編注:ナダルと思われる)が苛立ちつつ
待つコートへの錦織の登場は、
巌流島の宮本武蔵のようだったな」

とツイート。

一般ユーザーからも

 「錦織の宮本武蔵戦術が完全にハマった」

 「3セット目の前に錦織君が遅れて出てきた時は
 巌流島の宮本武蔵みたいだった」

 「トイレブレイクで錦織、宮本武蔵の如く遅れて、
 苛立つナダルは佐々木小次郎か」

 「巌流島での宮本武蔵を意識したか?」

といった声が出た。

中には、オリンピックの「五輪」と、
宮本武蔵の著書「五輪書」をかけた

 「錦織君、宮本武蔵の『五輪書』を
 オリンピックの必勝マニュアルだと思って実践した説」

というツイートも。

錦織圭選手「あれを続けられたら、ファイナルもまずいかなと」

本当に錦織圭選手があえて
ナダルを長時間待たせたのかは不明だが、
試合後、「トイレットブレークもあったが
どう立て直したか」という報道陣からの質問に対し、

「ナダルにあれ(第2セットのプレー)を続けられたら、
ファイナルセットもまずいかなというのは、
頭の中にあった」と語っており、
トイレットブレークが流れを取り戻す
一つのきっかけになったようにも取れる。

ナダルは「100%の力が出せる状況だったとしても、
錦織に勝つのはすごく難しいこと。
4位という結果に満足している」と話しており、
試合結果を受け入れている。

一方で、ツイッター上では
「トイレの場所が遠いって話もあるし、
真相気になる」といった声も出ている。




さて、真相はどうなんでしょうか?

錦織圭選手だけが知っている・・・www




いまなら無料でドラマも見れます。




引用元記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160815-00000000-jct-ent


ブロトピ:今日のブログ更新


ブログのアクセスUPならアルファポリスへ!


トイレットブレーク 錦織圭 ブログトップ
google-site-verification: google00e880da16006c90.html