So-net無料ブログ作成
検索選択
奥原希望 山口茜 ブログトップ

奥原希望 山口茜 [奥原希望 山口茜]

奥原希望 山口茜が話題です。

奥原希望選手がシングルス 
日本勢初4強です。

山口茜選手との
日本人対決、逆転で制したようです。


観客席では両方の応援団が
隣り合って座り、大きな声援を送った。
 
山口選手の父、浩志さん(53)は劣勢の中、
「これから、これから」と声をからした。
娘の敗戦を見届けると「残念です。
でも、勝ってほしいのは東京五輪だから」と悔しそう。
 
奥原選手の応援団は試合に勝つと、
いつもの「オクハラ」コールではなく、
「ニッポン」コールで締めた。

母の秀子さん(53)は
「日本の代表同士が戦ったわけだから、
両方をたたえる意味でもしようと
試合前に決めました」と話した。



rapture_20160817122758.jpg



女子シングルス決勝トーナメント
準々決勝が行われ、

世界ランキング6位の
奥原希望選手(21=日本ユニシス)が
同12位・山口茜選手(19=再春館製薬所)
との日本人対決を2―1と逆転で制し、

シングルスの日本勢で
男女通じて初の4強入りを決めた。

rapture_20160817123037.jpg

これまで国際大会で5度対戦し、
いずれもストレートで下している山口茜選手相手に、
五輪の舞台でも貫録を見せつけた。

「それぞれが最高のパフォーマンスを出して、
ガチンコでぶつかれれば」。
意気込み十分で臨んだ第1ゲーム。

前後左右に揺さぶられてリズムをつくれず、
自らのミスも続いて11―21。

山口茜選手に初めてゲームを奪われ先行を許した。

第2ゲーム序盤は一進一退の攻防。

それでも、つなぐラリーで主導権を握ると、
山口茜選手のミスも誘って一気に抜け出した。

20―14とゲームポイントを迎えてから
3ポイント連続で失点したが動じることなく、
最後も山口茜選手のミスを誘発し21―17とものにしてタイに。

流れを一気に戻すと、
最終ゲームも序盤から圧倒した。

ネット際で山口茜選手を揺さぶり、
角度あるスマッシュで仕留めて得点を重ね、
最後は地力の差を見せつけた。

奥原希望選手はメダル確定を懸け、
準決勝(日本時間18日午後9時20分開始)で
世界ランキング10位の
シンドゥ・プルサラ(インド)と対戦する。



バドミントン女子シングルスは
日本人対決でしたね。

地力に勝る奥原希望選手が
日本勢初のシングルスベスト4です。

次もがんばってメダルを獲って欲しいですね。

負けた山口選手の分まで。


応援しましょう。










いまなら無料でドラマも見れます。




引用元記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160817-00000130-jij-spo
     http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160817-00000076-spnannex-spo

ブロトピ:今日のブログ更新


ブログのアクセスUPならアルファポリスへ!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
奥原希望 山口茜 ブログトップ
google-site-verification: google00e880da16006c90.html