So-net無料ブログ作成
検索選択
台風情報 ブログトップ

台風16号は四国や紀伊半島へ [台風情報]

台風16号が話題です。


rapture_20160920083719.jpg

20日午前0時すぎに
鹿児島県大隅半島に上陸した台風16号は、
午前3時には非常に強い勢力を維持したまま
宮崎県日南市付近で海上へ抜けたとみられる。

鹿児島県と宮崎県では、
記録的な大雨となっているところがあり
午前9時ごろまでは雨が続くおそれがあるため、
厳重な警戒が必要だ。

台風は東へと進むため、
今後は四国や紀伊半島を中心に大雨のおそれがある。

台風16号は宮崎県沖へ
九州南部は朝まで厳重警戒
大雨は四国や紀伊半島へ

20日午前2時半現在の土の中の水分量の目安。
九州南部は朝まで厳重警戒

台風16号の接近に伴い、
鹿児島県南九州市では午前1時までの
1時間に160ミリもの非常に猛烈な雨を解析した。

また、宮崎県日向市では20日午前2時半までの
24時間雨量が469.5ミリに達し、
1976年の観測開始以来最大の記録を大幅に更新している。


九州南部周辺では、
午前9時ごろまでは
激しい雨が続くおそれがあるため、
土砂災害や河川の増水などに
引き続き最大級の警戒が必要だ。

台風は四国・紀伊半島へ
 台風は今後も太平洋沿岸を東へ進み、
朝から昼すぎにかけては四国付近に、
夕方ごろには紀伊半島に達するとみられる。

これらの地域でも多いところで
300ミリの雨が予想されているほか、
暴風や高波などにも警戒が必要だ。

東日本 21日の朝にかけて大雨警戒
台風16号は、勢力が弱まった状態で、
あす21日の朝にかけて東海・関東を通過し、
温帯低気圧に変わるとみられる。

東日本でも、秋雨前線の影響で台風接近前から
雨の量が多くなるおそれがあるため、
大雨に警戒が必要だ。

■九州南部で記録的な大雨
【数十年に一度の大雨】
宮崎県日向市・都農町

[20日午前3時までの24時間雨量]
日向市 496.5ミリ 観測史上最大
延岡市 368.5ミリ
都農町 357.5ミリ

【記録的短時間大雨情報】(1時間雨量)
鹿児島県
午前0時まで
・120ミリ以上 枕崎市付近
・約120ミリ  南さつま市・南九州市付近

午前0時半まで
・120ミリ以上 南九州市・鹿児島市南部付近

午前1時まで
・120ミリ以上 南九州市付近
・約120ミリ 垂水市付近

午前1時半まで
・120ミリ以上 垂水市・鹿児島市桜島・鹿屋市南部・鹿屋市北部付近
・約120ミリ  曽於市・志布志市・大崎町付近

午前2時まで
・約120ミリ  霧島市南部付近

宮崎県
午前3時まで
・約120ミリ  宮崎市付近

記録的短時間大雨情報は、
1時間に80ミリ以上の猛烈な雨を観測または解析し、
さらにその地域にとって数年に一度程度しか
発生しないような大雨である場合に発表される情報。

周辺地域では、土砂災害や河川の増水など、
災害の危険性が高まっているため、警戒が必要となる。




今後も台風の進路に注目です。







引用元記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160920-00010002-wmap-soci





動画配信サービス「dTV」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題







ブロトピ:今日のブログ更新







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

台風16号 連休明けには本州へ [台風情報]

台風16号 連休明けには本州へが話題です。


非常に強い台風16号 
進路を東寄りへ 
連休明けには本州へ接近のおそれだそうです。



rapture_20160917225446.jpg


17日(土)の日中に先島諸島に最接近した台風16号は、
非常に強い勢力で与那国島の北の海上を北上している。

先島諸島では、17日夜のはじめ頃にかけて暴風、
17日夜遅くにかけて高波、土砂災害に警戒が必要だ。

また、台風は今後進路を東よりに変え、
20日(火)から21日(水)には
九州を中心とする
西日本に接近するおそれがある。

非常に強い台風16号は、
17日午後3時現在、
与那国島の北にあって、
1時間に約20キロの速さで北上している。

中心気圧は940ヘクトパスカル、
中心付近の最大瞬間風速は65メートルで、
暴風域を伴っている。
今後、東シナ海上を進み、
18日(日)朝には次第に進路を東寄りに変え、
連休明け20日(火)には九州に接近するおそれがある。

先島諸島では、17日夜にかけ暴風・高波に警戒
 台風の接近した沖縄県与那国町祖納では、
17日午前10時過ぎに、最大瞬間風速66.8メートルを観測した。

今後台風は離れていくが、17日夜のはじめ頃にかけ暴風、
17日夜遅くにかけて高波、土砂災害に警戒が必要だ。

また、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要となる。

発達した積乱雲の近づく兆しがある場合は、
建物内に移動するなど安全確保に努めたい。

先島諸島は、まもなく暴風域から抜けるが、
海上では17日夕方は猛烈な風が吹き、
17日夜遅くにかけて非常に強い風が吹く。
また、海上では17日夜遅くにかけて大しけが続く。
 
17日に予想される最大瞬間風速は、45メートル。
17日に予想される波の高さは8メートル

先島諸島では、17日夜のはじめ頃にかけて、
雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがある。
 
18日午後6時までの24時間に
予想される雨量は、多いところで、150ミリ

rapture_20160917230108.jpg

連休明けには、九州へ接近のおそれ

台風16号は、今後、東シナ海上を進み、
18日(日)朝には次第に進路を東寄りに変え、
20日(火)には九州に接近するおそれがある。

また、秋雨前線が日本列島に停滞しているため、
台風から離れた地域でも接近前から
大雨となるところが出てくる見込み。




台風16号の進路が気になりますね。

勢力が弱まればいいのですが・・・。








引用元記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160917-00000018-flix-movi





動画配信サービス「dTV」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題







ブロトピ:今日のブログ更新




iPhone7/iPhone7Plusを予約しよう!



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
台風情報 ブログトップ
google-site-verification: google00e880da16006c90.html