So-net無料ブログ作成
南果歩 乳がん ブログトップ

南果歩 乳がん 闘病 [南果歩 乳がん]

南果歩 乳がんが話題です。


南果歩さんが
乳がん闘病の心得を語ったそうです。



rapture_20161002200947.jpg

女優の南果歩さん(52)が2日、
都内で行われた
乳がんの早期発見・治療を促すイベント
「ピンクリボンフェスティバル」で、
「一筋縄にはいかない、この乳がんと、生きていく」
と題したシンポジウムに参加した。

南果歩さんは
今年2月上旬、
夫で俳優の渡辺謙さん(56)が
早期の胃がん手術のため入院した病院で
人間ドックを受けた際に、
ステージ1の乳がんであると診断された。

「がん患者の家族の経験はあったので
そのつらさ、悲しさは分かっているつもりだったけれど、
患者のことは何も知らなかった。

先生の丁寧な説明も、
頭には入ってくるけれど
心にストンと落ちてこなかった」

と当時を振り返った。

手術を受け、
その頃に撮影中だったドラマ、
4月の舞台と仕事を続けたが、

「社会復帰をした姿をお見せしたい、
そのままなお元気でいるということがプレッシャーになった。
無理をしていた」

ため7、8月は完全休養に充てた。

「頑張ること、プレッシャー、
目に見えない山に登ることが好きなので、
自分の体と向き合い日々を過ごすのが苦手なタイプ」

と明かしたが、
その支えになったのは家族をはじめ、
乳がんの知人、友人の支えだったという。

「いろんな方の優しい言葉や支えが
あったからこそやってこられた。

1人ではできないことも、
共有できる人がいればできるんだ
ということを心に刻みました。

これからも無理をせず、
いろんな治療法を模索しながら、
自分らしく笑顔で乳がんと付き合っていきたい」

と涙ながらに訴えた南果歩さん。

トークショー前に6キロウオークに
参加予定だったが取りやめ

「血圧が高めだった」

と説明。

「周りに甘えるところは甘えて、
絶対に無理をしない」

と闘病の心得を語った。

現在は、フジテレビの月9ドラマ
「カインとアベル」(10月17日スタート)の撮影中で、

「ママ友のように
“がん友”という言葉があるけれど、
ネガティブな要素が
多分に含まれているようで好きではない。

がんの英語表記で
キャンサー(canをcer)を使って
“Can友”という言葉を、
できる、という言葉も含まれているので広めていきたい」

と約780人の聴衆に呼びかけていた。





南果歩さんも乳がんですね。

最近、芸能人の乳がんが
目立ちますね。


早期発見、早期治療が
大事ですね。


乳がん検診は、忘れずに。






引用元記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161002-00000156-spnannex-ent


動画配信サービス「dTV」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題







ブロトピ:今日のブログ更新



あなたの野望はどのくらい?





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
南果歩 乳がん ブログトップ
google-site-verification: google00e880da16006c90.html