So-net無料ブログ作成
ローラの休日 課題 ブログトップ

ローラの休日 課題 真相 [ローラの休日 課題]

ローラの休日 課題が話題です。



ローラの料理コーナーの
強みと課題だそうです。



真相は・・・。

rapture_20161115142536.jpg


ローラの休日とは?



めざましテレビ内の
ローラの料理コーナー
の名称が
「ローラの休日」だ。

タレントを起用した
料理番組は数多いが、
『めざましテレビ』
(フジテレビ系)が行ったのは、
ローラさん(26才)の起用だ。

ライバル視されるのは、
当然、裏番組『ZIP!』で
速水もこみちさん(32才)が行っている
『MOCO`Sキッチン』だ。

ローラの料理コーナーは、
内容でも話題性でも、
もこみちさんに勝てるのか? 

コラムニストでテレビ解説者の
木村隆志さんが分析する。

 

『ローラの休日』がはじまって約1か月



『めざましテレビ』の料理コーナー
『ローラの休日』がはじまって
約1か月が過ぎました。

ローラさん自身、
『ZIP!』の人気料理コーナー
『MOCO`Sキッチン』を

「たまに見てた(笑)。

そっちのキッチンもすごく好きだから
ライバルとして頑張ろうと思ってる」、

渡辺貴チーフプロデューサーも

「もちろん意識しています。
いい意味で競い合って
日本の朝をより一層元気にしていきたい」

と正直に話していましたが、
すでに両コーナーの違いは鮮明に表れています。

それぞれのコンセプトは、
『MOCO`Sキッチン』の
「今日作りたくなる簡単レシピ」に対して、

『ローラの休日』は
「キレイになれる健康ご飯」。

「はまぐりの豆乳チャウダー」
「私の絶品きのこオムライス」
「バナナチーズクリームトースト」
「チキンとカボチャのクリーム煮込み」
「ココナッツグラノーラ」
「まるごとアボカドグラタン」と、

明らかに女性向けのヘルシーで
カラフルなメニューが選ばれています。

また、『MOCO`Sキッチン』は
視聴者からのリクエストを受けて、
速水もこみちさんが
メニューを決めていますが、

『ローラの休日』はローラさんが
視聴者におすすめのメニューを
選ぶ形を採用しています。

両方とも料理コーナーである以上、
「その日の食卓に並ぶ」
ことを趣旨にしているものの、

実際はローラさんの「カワイイ」、
もこみちさんの「カッコイイ」
料理シーンを見せるエンタメ要素が強く、
言わば2人のプロモーションビデオ。

特に『ローラの休日』は、
オープニングからローラさんが
のぞき込むようなカメラ目線で

「おはよう。おなかすいた? ウフッ」

と語りかけたあと、
ファッションスナップのような
イメージ映像が流れるなどのオシャレさで、
『MOCO`Sキッチン』
との差別化を図ろうとしています。

共通点と違い



最も明確な違いは、
『ローラの休日』が食材の分量や、
「ローラのおすすめ」と題して
調理や美容のポイントを表示していること。

さらに、ローラさんと
食材をアップや真上などの
多彩なカメラワークで撮って、
CMのような上質な映像を作り込んでいます。

一方、共通点は、
コーナーの長さが3~4分であること、
アシスタントなしの1人語り、
自分で食べて「すごくおいしい!」
という自画自賛の3点。

ただ、調理の技術や手際の良さは、
もこみちさんに軍配が上がります。

すでに4年半放送されているだけあって、
もこみちさんは千切りも
みじん切りもスピーディーで、
一切の動作によどみがありません。

肉も野菜ものんびり切るローラさんに比べると、
視聴者が思わず見入ってしまう
エンターテイナーとしての魅力があります。

もう1点、見逃せないポイントは放送時刻。

『MOCO`Sキッチン』の7時50分台に対して、
『ローラの休日』は7時40分台と先行放送しています。

これは
「先に放送して
視聴者を引きつけよう」

という意図であり、
後発ならではの強みとも言えますが、
視聴者は「両方見られる」という
メリットとして考えればいいでしょう。


これからの課題


 
こうして細部のディテールを見ていくと、
『ローラの休日』が、

「健康・美容志向の視聴者」
「分量を表示」
「映像の作り込み」という

『MOCO`Sキッチン』の課題を
意識して作られていることが分かります。

しかし現時点では、
『MOCO`Sキッチン』の

「高い位置から塩を振る」
「完成した料理にかける“追いオリーブオイル”」
「もこみち流のダジャレ」などの
視聴者が盛り上がる独自色は見えません。

もこみちさんのような
「スーパーに置いていない
食材を手間や予算無視で使う」
などの予定不調和なプランも見られず、

「タレントの料理コーナーにしては
ツッコミどころがない」
ところに物足りなさを感じます。

時折、ローラさんらしい
自由な振る舞いも見られますが、
全般的な印象は「オシャレ」で終始。

現状ではローラさんの「オシャレ」という強みと、
「マイペース」という弱みがはっきり見えていますが、
今後は視聴者を
「うならせる」「ツッコませる」などの
反響を呼ぶような工夫が求められていくでしょう。

その点、先発の
『MOCO`Sキッチン』は、
さすが歴史があるだけに完成度が高く、

「月~金の週5日放送」と
「金曜のみの週1日放送」
という露出量の差もあって、
『ローラの休日』は
不利な状況が続くかもしれません。

思えば、『MOCO`Sキッチン』も
スタートしてしばらくは、
「ありえない」「分量を見せろ!」
などの厳しい声を受けながら、
ブレずに続けることで現在の評価を獲得しました。

朝の番組は突然ファンを
増やすことは難しいだけに、

『ローラの休日』も
安易にテコ入れを図るより、
地道に続けることで
支持を得ていくほうがいい気がします。

視聴者の支持を得られたら、
週1日の放送が
2日、3日と増えるかもしれませんし、

ローラさんのスケジュール的に難しければ
「別のタレントと併用」という
発展形も考えられるでしょう。

料理コーナーはいったん定着したら、
番組の看板となって長年放送されるだけに、

ローラさんもスタッフも
今の前向きなスタンスで
続けてもらえたらと願っています。





ローラの休日の 課題ですね。

ローラさんの料理上手というのは
前から知れ渡ってますが
番組でその姿を見れるのは
ファンにはうれしいことでしょうね。

この対決まだまだ目が離せませんね。


今後も注目です。


引用元記事:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161115-00000002-pseven-ent

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
ローラの休日 課題 ブログトップ
google-site-verification: google00e880da16006c90.html