So-net無料ブログ作成
麻木久仁子 闘病生活 ブログトップ

麻木久仁子 闘病生活 真相 [麻木久仁子 闘病生活]

麻木久仁子 闘病生活が話題です。


ある日突然、脳梗塞? 
健康には自信があったのに……
麻木久仁子さん、
闘病生活を振り返るだそうです。




真相は・・・。

rapture_20170127170715.jpg

麻木久仁子 闘病生活 内容



タレント、国際薬膳師の
麻木久仁子です。

芸能生活も早いもので、
34年になりました。

病気知らずで仕事に
邁進(まいしん) していた
若い頃は思いもよらなかったことですが、
50のアラフィフにさしかかって、
脳梗塞・乳がんと立て続けに患いました。

生活習慣や食習慣、
仕事との向き合い方など、
否応(いやおう) なく
見直しを迫られることになりました。

そんな中で感じたことを、
少しずつ書いていけたらと思います。
よろしくお付き合いくださいませ。


予想もしない体調不良




予想もしていないことでした。

ある日突然、
右腕の付け根から先と
右脚の付け根から先が、
ジーンと 痺(しび) れたのです。

畳に長い間正座して
急に立ち上がると、
足の感覚が 麻痺(まひ) して
ジーンとした経験は
みなさんあると思いますが、

あの感覚が右腕、右脚に
きたというような感じでした。

とにかく力が入らないので、
歩くこともできません。

しばし立ちすくんでいると、
30秒くらい 経(た) って、
ふわっと痺れが
どこかへ消えていきました。

「今のは一体なに?」
と実に不気味で。

2010年暮れのことです。

この、右側の手脚だけが
ひどく痺れては、
ふいっと治るということが、
1日に何回か起こったのです。

仕事から帰宅して
自宅の玄関先で痺れに襲われ、
鍵を鍵穴にさすこともできなかったり。

クイズ番組でちょうど自分の番に
やはり痺れがきた時には、
解答を書こうにも身動きもできず
手にマジックを握ることもできませんでした。

たびたび痺れがきては、
消えるという繰り返しなのですが、
次の発作がきたときには
ドンと大きなものがくるかもしれないと
漠然と怖くなり、

万が一のときにも
電話だけはかけられるようにと
片時も携帯電話を
離さないようにしていました。

「体の片側だけに
なにか異常がみられたら、
脳の疾患を疑え」

ということは、
テレビの情報番組などでも
よく言われていることです。


「これはやはり頭なのかな」――。

とにかく大学病院の脳神経内科で診察を予約しました。

数日後、病院へ行き、
先生に症状を説明したところ、
すぐに脳の磁気共鳴画像(MRI)を
撮ることになりました。

「ああ、ありますあります。
脳梗塞ですね」

と先生。

幸いにも小さいもので、
まあ場所もよかったのかもしれません。

とにかく命に別状なくすみましたが、
それにしても脳梗塞とは。

私は当時48歳。

人間ドックなどで
何か異常を指摘されたことは
一度もありません。

血圧は低く、
動脈硬化もみられず、
高脂血症もなく、
糖尿病もなく、
悪玉コレステロールの値も低い。

入院したのは出産の時くらいという、
その時までは、
まあ病気とは無縁の生活でした。

それがいきなり、
48歳で脳梗塞ですから、
不意をつかれたような思いでした。

脳梗塞のリスク要因は
いろいろありますが、
なかでも加齢は大きな要因だそうです。

ですから高齢になれば
どなたも脳梗塞の初期症状を
見逃さないように
心がけたほうが良いそうです。

が、40代だと脳梗塞としては
若年だそうで、
要するに脳梗塞になるには若いとのこと。

しかも、
これといったリスク要因が
見当たらないのですから、
先生が首をひねることになりました。

痺れをおさえる薬を飲みながら、
ありとあらゆる精密検査です。

結果として脳梗塞という
症状が表れるに至った、
なにか隠れた病がないかどうかを、
全身くまなくチェックしてくださったのです。

が、結局なんの異常もみつからず、
原因は不明のまま終わってしまいました。

「大したことはない」が命取りに!



さて、軽く済んで幸いだったわけですが、
後になっていろいろと
お医者様のお話をうかがえば、

私の体に表れた、
繰り返される痺れの発作は

「脳虚血発作」というもので、
一時痺れても、
症状が治るために大したことはないと
軽く考えて受診しない方もいるそうです。

しかし、
実はこれが 曲者(くせもの) で、
5%くらいは本番の脳梗塞になる
可能性があるそうです。

その場合、現在では良い薬があって、
発症してから4.5時間以内に
血液の固まりである
血栓を溶かす薬の投与を受けると
救命の可能性や
症状軽減の可能性が
高まる場合もあるそうですが、

「いやいやこの程度のことで
病院なんて大げさかも」
とためらって時間を浪費すれば、
たちまち手遅れということ
にもなりかねないとか。

私の場合、仕事の予定などもあり、
4.5時間どころか
4~5日後の受診ですから、
大事に至らなかったのは
運が良かったのかもしれません。

後から知って、
後からぞっとしたという
呑気(のんき) さでした。

「体の片側のみに
違和感を覚えたら、まずは受診」。

なまじ健康に自信があったりしますと、
ついつい危険の兆候を見落としたり、
軽く考えたりしがちですが、
それこそが落とし穴なのだと、
今では肝に銘じています。

医療費高騰の折、
軽い症状で受診することへの
批判もありますが、

こと脳卒中に関しては、

「軽いうちに手を打てば、
リハビリなどまで含めて
トータルに考えると、
結局は安くつくのではないかしら」

などと思っています。

なにより、患者さんの救命、
リハビリ後の
社会復帰まで考えれば、
早め早めに手を打つことが、

患者さんにとっても社会に
とっても意義があると思います。

なにかいつもと違う感じがするという、
自分自身の感覚を大切にすることが、
日頃の健康管理の意識を
高めることにもなるのではないでしょうか。

そして同時に、大切なご家族や
ご友人など身近な方の異変にも、
お互いに気付き合うことに
つながるような気がします。


麻木久仁子(あさぎ・くにこ)



1962年、東京都生まれ。
学習院大学法学部中退。

テレビ、ラジオ番組で司会者、
コメンテーターとして活躍するほか、
読書家としても知られ、
本の紹介サイトHONZや
新聞で書評を書いている。

2010年に脳梗塞を発症。

12年には両胸に発症した
初期の乳がんの手術を受け、
現在もホルモン治療中。

講演会や取材などで闘病体験や
検診の大切さを伝えている。

2016年には
国際薬膳師の資格を取得した。



麻木久仁子さん
闘病生活
早期発見でよかったですね。

脳梗塞って怖いですね。

突然、なるみたいですので
注意が必要です。

気をつけましょう。

今後も注目です。







引用元記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00010000-yomidr-sctch

ブロトピ:今日のブログ更新


◆アベマTV ダウンロードなら
[無料]人気スマホゲーム 攻略のコツ 本編







★ニコニコ動画★
ケータイで動画見放題




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
麻木久仁子 闘病生活 ブログトップ
google-site-verification: google00e880da16006c90.html