So-net無料ブログ作成
検索選択
Amazon 不審メール注意 ブログトップ

Amazon 不審メール注意 真相 [Amazon 不審メール注意]

Amazon 不審メール注意が話題です。


Amazon.co.jp
をかたるフィッシングメール、
認証情報のリセットを促すそうです。


真相は・・・。

rapture_20170202135710.jpg

Amazon 不審メール注意



Amazon.co.jpをかたる
フィッシングメールが
出回っているとして、
フィッシング対策協議会が
31日、緊急情報を出した。

13時現在も稼働中とされており、
アカウント情報
(メールアドレス、パスワードなど)や
クレジットカード情報を
絶対に入力しないよう
注意を呼び掛けている。

rapture_20170202140021.jpg


Amazon.co.jpをかたる
フィッシングメールは、
件名が

「あなたはAMAZON
ログイン認証情報を
リセットする必要があります。」。

カードの期限切れや
請求先住所の変更などで、
アカウント情報が
更新できなかったとして

偽のAmazon.co.jpの
ウェブサイトへ誘導し、
メールアドレスと
パスワードの入力後に

アカウントサービスの
「クレジットカードの追加」
を模したウェブページを表示し、
メールアドレスやパスワード、
氏名、住所、
クレジットカード情報の入力を促すもの。

フィッシングサイトは
「Amazon.co.jp」のロゴが付いた
ログインページを装っているが、

URLは「.gl」ドメインを使った
短縮URLの
「https://●●●●.gl/uKkq1i」
となっている。


スポンサーリンク





フィッシング対策協議会が
参考情報として
紹介している
Amazon.co.jpのヘルプページ

「Amazon.co.jpからの
Eメールかどうかの識別について」
では、

フィッシングメールに含まれる
傾向がある要素の1つとして、
Amazon.co.jpのウェブサイト

「http://××.amazon.co.jp」
「https://××.amazon.co.jp」

で始まらないウェブサイト
へのリンクを挙げている。

また、Amazon.co.jpでは、
アカウントサービスの
ページを表示して、

注文情報や
クレジットカード情報の
更新指示の内容が
合致していなければ、

そのメールはAmazonから
送信したものではないとしている。

さらに、Amazon.co.jpでは、
以下のドメインのみを使用して
メールを送信しているという。

amazon.co.jp
amazon.jp
amazon.commarketplace.amazon.co.jp
m.marketplace.amazon.co.jp
gc.email.amazon.co.jp
gc.amazon.co.jp
payments.amazon.co.jp

INTERNET Watch,岩崎 宰守










Amazon 不審メール
注意が必要ですね。

怪しいメールは
よく確認してください。

クレジットカード情報などは
慎重に取り扱いましょう。


個人情報を盗み取られると
悪用されると大変です。

気をつけたいですね。


今後も注目です。




引用元記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170131-00000083-impress-sci

ブロトピ:今日のブログ更新


◆アベマTV ダウンロードなら
[無料]人気スマホゲーム 攻略のコツ 本編







★ニコニコ動画★
ケータイで動画見放題




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
Amazon 不審メール注意 ブログトップ
google-site-verification: google00e880da16006c90.html