So-net無料ブログ作成

家族ゲーム 視聴率 速報 第5話 [家族ゲーム 視聴率 速報]

スポンサーリンク




家族ゲーム 視聴率 速報 第5話

家族ゲーム 視聴率はどうなったのでしょうか?


家族ゲーム 視聴率 速報 のお時間です。

家族ゲーム 第5話視聴率は、12.4%でした。

前回より0.2%アップです。

吉本荒野なら いいねぇ~。と思わずいいそうですね。


家族ゲーム 平均視聴率も12.25%とアップしました。

またまた、いいねぇ~。ですね。





家族ゲーム 第5話 あらすじ

吉本荒野(櫻井翔)の教え子である茂之(浦上晟周)の成績が著しく上がり始めた。
勇気ある愛の告白が成功した真野さくらの存在も影響してか、
勉強に積極性が出てきたせいだ。

その一方で、兄の慎一(神木隆之介)は成績も下がり気味な上に、
部活動も休みがちになっていた。
 
実は、慎一は『吉本荒野を訴える会』なるサイトの管理者、
立花真希(忽那汐里)と頻繁に会っていた。

真希は自分の家族がどんな方法で吉本に追い込まれ家族崩壊に至ったかを慎一に語る。
借金苦による一家心中。それはまるで今の沼田家を彷彿とさせる内容だった。
ショックを隠せない慎一だった。

まさに佳代子(鈴木保奈美)がその餌食となりかけていた。
一茂(板尾創路)への愛情が一気に冷めた佳代子は、
急激に株投資へとのめり込んでいた。

そんな時、茂之は真野さくらに呼び出されて衝撃の告白を受ける。
さくらは幼馴染の園田のことも好きだと言う。
自分ではどちらかに決められないので、
次回の模試で成績が良かった方と恋人として付き合うのはどうかと提案する。
園田はすでに承諾しており、茂之も勝負を受けるしかなかった。
早速、茂之は事の成り行きを吉本に話し、「打倒、園田!」へと燃える。

一方、真希と共闘して吉本を攻略することにした慎一だったが、
その行動は吉本に見透かされていた。
そして、慎一の元に見知らぬアドレスからメールが届いた。
そこには父・一茂と浮気相手の舞香=真希のキス写真が添付されていたのだった。


茂之は、塾のトイレで園田に会う。負けたくはないと宣言する。
しかし、トイレから出ようとするとさくらが友達と歩きながら、
茂之と園田に模試の成績勝負は余興でつきあうなんてありえないと言う。

ショックを隠せない茂之と園田。

家では、茂之を励ます会をやっていた。
そこへ父・一茂が帰ってきて、俺へのあてつけだと言う。

吉本荒野は、茂之を励ます会なのに
誰も茂之の泣きはらした目を見ないという。

茂之はちょっとでかけるといって出て行く。

いいねぇ~。

茂之は、園田の家に行き模試で勝ってさくらを振ってやると言う。
園田も俺が勝ってさくらを振ってやると言う。
少し以前のように打ち解けてきた二人だった。


模試の結果、茂之が勝ってさくらに
「これは余興だ。これくらいのことがないと勉強もやってられない。」といってさくらを振る。


公園まで走ってきた茂之と園田。内心落ち込んでいた二人。
園田が昔持ち帰った茂之のアイドルの写真集をごめんなと言って返す。
すると茂之は5時からアイドルのイベントがあるからとさそう。
二人は仲直りできたようだ。

慎一は、部活の補欠から俺は死んだほうがいいのだろうかと相談の電話をうけた。
そんな度胸もないくせにと冷たくあしらって電話を切ってマキに電話をした。

一方、吉本荒野は、さくらと会っていた。
謝礼を渡しながら「君には損な役回りをさせてしまったね。」と言う。
さくらにあんな模試の成績競争を持ちかけさせたのは吉本荒野だった。
さくらは、茂之が同じ学校に行けたらいいと思って協力していた。
吉本荒野は、「そのときは、君のほうから告白してやってくれ。」という。


その様子を見ていた慎一がつけてきていたのを知っていた吉本は、
いつもの学校で慎一と話をする。
慎一は、さっきの現場写真で家庭教師をクビにするという。

立花真希が隠れて二人の会話を撮影しているのを、吉本荒野は察知していた。
吉本荒野は、立花真希の過去とそのときの状況などを語りだす。
そして、立花真希が家族を殺したといって追い詰める。

吉本荒野は、家族の声が入ったディスク?と撮影したビデオカメラの交換をしようという。
嘘をついて、ビデオカメラを取り上げた吉本荒野は立花真希を跳ね飛ばす。


その様子を見ていた慎一が刃物を取り出すと、吉本荒野は刺せと言って迫っていく。
そして腕を刺されながら、昔のいじめられていた生徒のことを思い出しながら
慎一に他人の気持ちがわからない、挫折を知らない、自己中心にいきているとか
恐怖を味あわせてやるとかモンスターだとか言いながら、
最終的に刃物を取り上げ床に倒した慎一の顔の横に刃物をつきたてた。

吉本荒野が去ったあと、慎一の電話が鳴る。
部活の補欠が首を吊って自殺したという連絡だった。

一方、家では母がパソコンで株の暴落の画面を見ながら
呆然としながらつめを噛んでいた。



今回はここまで。

吉本荒野は、悪人なのか本当にいい先生なのか交錯しますよね。

演技で悪人のときは迫力がありますよね。

次回の話しはどうなるのでしょうね。

視聴率も内容も楽しみですね。






スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
google-site-verification: google00e880da16006c90.html