So-net無料ブログ作成

幽かな彼女 視聴率 第10話 速報 [幽かな彼女 視聴率]

スポンサーリンク




幽かな彼女 視聴率 第10話 速報

幽かな彼女の 視聴率は、第10話ではどうなったでしょうか?

速報でお伝えします。
幽かな彼女 視聴率 第10話 速報11.9%でした。

これまでの最高視聴率を第10話で記録しています。


幽かな彼女がいよいよ次回最終回を迎えます。

幽霊のアカネが面白いドラマですよね。
生徒役に話題が集まったドラマでもあります。


幽かな彼女第1話からの視聴率です。

幽かな彼女 第1話視聴率 11.8 %
幽かな彼女 第2話視聴率  10.2 %
幽かな彼女 第3話視聴率  10.7%
幽かな彼女 第4話視聴率  11.6%
幽かな彼女 第5話視聴率  11.5%
幽かな彼女 第6話視聴率  11.4%
幽かな彼女 第7話視聴率  11.8%
幽かな彼女 第8話視聴率  11.5%
幽かな彼女 第9話視聴率  10.1%
幽かな彼女 第10話視聴率 11.9%


平均視聴率 11.26%です。

最高視聴率だった第10話は、どんなお話だったのでしょうか?



幽かな彼女 第10話 あらすじ

暁(香取慎吾)のクラスの文化祭の出し物が合唱に決まった。
香奈(未来穂香)はさっそく停学中のりさ(山本舞香)に連絡。

りさの早い復学を願ってのことだが、
りさに反感を抱く舞(飯豊まりえ)らには、それがおもしろくない。


そんな折、轟木(加藤虎ノ介)が暁に転任を勧告する。
京塚(飯田基祐)がりさを復学させる条件として、
暁を学校から追い出すよう教育委員会に要請したらしい。

だが、和泉(真矢みき)はこの要求をはねつけ、
りさを学校に戻すつもりはないと断言する。

親の愛情に飢えて心が歪み、
茜をあやめた淳也に似たりさを許せずにいたのだ。
このことを知ったアカネ(杏)は、和泉を救ってあげてほしいと暁に頼む。

そんな折、京塚の理不尽な要求を知った
りさの「私、学校に戻れない」という悲痛な訴えを聞いた千穂(前田敦子)は京塚家へ。

権力を振りかざして暁を転任させようとする京塚をとがめるが、
京塚は暁が「気に入らない」と聞く耳を持たない。

その頃、暁はアカネとともに和泉に会い、
和泉の知らなかった27年前の真相を話していた。
茜は和泉のおびえた様子に危険を察知していたが、淳也を信じて教室へ。

親に絶望して自殺を図ろうとしていた淳也を止めようと揉み合ううち、
ナイフが誤って茜に刺さってしまった。
そして死んでからも、茜は自責の念にかられる淳也を救おうと部屋に現れ、
そのまま地縛霊になったのだ。

あの夜のことは、不幸な事故だった。
「いいの、もう苦しまなくて」と慰めるアカネの気配を感じて心がほぐれ、
涙を流す和泉だった。

暁は、茜が淳也を信じていたようにりさのことも
「信じてみませんか?」と和泉を説得する。

翌朝、暁は「今日一日だけ、僕を京塚さんの担任でいさせてください」と京塚に懇願し、
りさを登校させる。

そして、りさと舞に互いへのわだかまりを吐き出させると、
「僕も本音を言う」と赴任当初は生徒たちを避けていたことを明かす。
だが、真剣に向き合うことで本当の姿を知ったと告白。

「みなさんのような生徒と出会えて、本当によかった」と生徒たちに語りかけ、
静かに学校を去る。

それが転任を決意した暁の最後の授業だった。


帰宅後、暁はアカネに転任先についてくるよう告げると、
「お前にずっとそばにいてほしい」と告白した。

一方、暁の転任を知った3年2組の生徒たちはがく然とする。
そんな中、亮介(森本慎太郎)が「ガキしかできない抵抗の仕方をする」と
暁の転任を阻むとんでもない計画をぶち上げていた。


生徒たちは、暁の転任を阻止できるのでしょうか?

そして、アカネは成仏してしまうのでしょうか?

次回最終回を楽しみに待ちましょう。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
google-site-verification: google00e880da16006c90.html