So-net無料ブログ作成

半沢直樹 視聴率 第7話 速報 [半沢直樹 視聴率]

スポンサーリンク




半沢直樹 視聴率 第7話 速報

半沢直樹 視聴率 第7話は、 
速報が出ました。

半沢直樹 視聴率 第7話 速報30.0%でした。

平均視聴率 25.04% です。

これで夏ドラマ
唯一の30%越えを達成です。
だんとつトップに躍り出ましたね。


さらに視聴率アップに期待がかかります。


半沢直樹 第7話 あらすじ

金融庁検査への対応と
伊勢島ホテルの経営再建という、
2つの大きな課題を突きつけられた
半沢直樹(堺雅人)だった。

金融庁検査を先頭で率いるのは、
何と大阪西支店へ
国税局査察部統括官として査察に入り、
半沢と凌ぎを削った黒崎(片岡愛之助)であった。

黒崎は国税局から金融庁に戻り、
東京中央銀行に対する検査の
主任検査官として任命されたのである。

半沢は、伊勢島ホテルが200億円の融資を得るために、
資金運用による損失の事実を隠ぺいする
工作を行ったことを突き止め、その黒幕を探し始める。

同時に伊勢島ホテルを救い、
東京中央銀行が金融庁検査で
巨額の引当金を積むことを避けるために、
伊勢島ホテルの聖域とも言われる領域に
手を付けることを湯浅社長(駿河太郎)に進言する。



しかしそのためには、
湯浅社長と対立する
羽根専務(倍賞美津子)の圧力をかわし、
羽根を新社長に据えようと画策する
ある人物と闘う必要があった。









半沢直樹 第7話 ネタバレ

金融庁検査を乗り切るため、
伊勢島ホテル社長の湯浅(駿河太郎)に、
先代社長であり自身の父でもある
会長の更迭と資産の売却をさせた半沢(堺雅人)。

これで伊勢島ホテルが出した
120億円にも及ぶ運用損失の穴埋めが実現し、
不良融資先として分類されるのを回避出来たかに思えた。

しかし金融庁検査の最中に、
再建の柱ともなるITシステムを構築中の外注先、
「ナルセン」が破綻するとの情報が
黒崎(片岡愛之助)からもたらされた。

ナルセンが破綻すると、
これまで費やしてきた110億円以上もの
投資が損失となってしまい、
伊勢島ホテルは再び窮地に追い込まれる。


ある人物とは、あの憎き常務でした。
半沢は、過去のできごとで常務に恨みがありました。

社長交代を迫る常務に
半沢は、耐えがたきを耐え
土下座をしてもうちょっと待ってくれと常務に頼みます。




倍返しは成功するでしょうか?





半沢直樹 第7話 ネタバレ ここまで







半沢直樹 第7話もおもしろかったですね。

いろんなところから、半沢直樹は追い詰められて
それでももがきながら少ない味方とともに
やられたらやり返そうとしている姿にひきこまれますね。


半沢直樹 予想では
視聴率30%超えもあるのでは?!と言われていましたが
30%達成してしまいましたね。

40%超えもありそうですね。


次回、半沢直樹の新たな苦難が始まりますね。

10倍返しなるのでしょうか?!

半沢直樹 第8話、楽しみに待ちましょう。

次回からの半沢直樹 原作はこちらです。
オレたち花のバブル組 (文春文庫)


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
google-site-verification: google00e880da16006c90.html