So-net無料ブログ作成

半沢直樹 視聴率 最終回 速報 [半沢直樹 視聴率]

スポンサーリンク




半沢直樹 視聴率 最終回 速報

半沢直樹 視聴率 最終回は、 
速報が出ました。

半沢直樹 視聴率 最終回 
なんと42.29%でした。

平均視聴率 28.74% でした。

これで夏ドラマ
唯一の40%越えを達成です。

だんとつトップに躍り出ましたね。
今世紀最高視聴率である
『家政婦のミタ』(40.0%)超えを果たしました。



半沢直樹 最終回 あらすじ

近藤(滝藤賢一)は、
大和田常務(香川照之)から提案された取引に応じ、
手に入れた田宮社長(前川泰之)の証言を
表に出さないという決断をした。

その結果、半沢(堺雅人)が大和田を追い詰めるために
取締役会に提出する予定であった資料は、
不正の事実を決定的にする
重要な証拠がない不完全なものとなってしまう。

そんな中、渡真利(及川光博)は
人事部の後輩からの極秘情報によって、
近藤が銀行に戻って来るとの情報を掴む。

何が起きたかを察した半沢は、
なかなか行方が分からない
近藤の携帯電話にメッセージを吹き込む形で、
いつもの剣道場でずっと待ち続けると伝える。



大和田常務の不正を明らかにする
取締役会が開かれようとしていた矢先、
今度は内藤(吉田鋼太郎)から、
金融庁から頭取宛に
「金融庁検査における半沢次長の検査受け入れ態度に問題あり」との
書面が送られてきたことを聞かされる。

取締役会では、半沢が訴える不正問題と同時に、
半沢の処分案も議題に上がることが分かった。

半沢にとって不利な状況が積み重なる中、
ついに運命の取締役会が開かれる。





半沢直樹 最終回 ネタバレ

取締役会では、半沢は
大和田常務の部下の部長の弱みを握り、
大和田常務の悪事の証言をさせることに成功する。

半沢次長は、最終回で香川照之演じる
大和田暁常務への「100倍返し」を見事にやってのけ、
期待をもって北大路欣也演じる中野渡謙頭取のもとへ行く。

中野渡頭取はその活躍をたたえながら、
「営業企画部部長職として東京セントラル証券への出向を命じる」と辞令。

半沢は驚きの表情になり、
最後は怒りに満ちた目元のアップで終わる。



半沢直樹 最終回 ネタバレ ここまで







半沢直樹 最終回もおもしろかったですね。

いろんなところから、半沢直樹は追い詰められて
それでももがきながら少ない味方とともに
やられたらやり返そうとしている姿にひきこまれますね。


半沢直樹 予想では
視聴率30%超えもあるのでは?!と言われていましたが
40%達成してしまいましたね。

家政婦のミタ超えを見事に達成しました。


最終回半沢直樹の結末は、
原作どおりということですね。

続編を期待させる終わり方だったですね。



半沢直樹 続編、映画など楽しみに待ちましょう。

次回からの半沢直樹 原作はこちらです。
オレたち花のバブル組 (文春文庫)



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
google-site-verification: google00e880da16006c90.html