So-net無料ブログ作成

ブラジル まさかの歴史的大敗 ドイツ戦 [ワールドカップ]

スポンサーリンク




サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会は、
準決勝のブラジル―ドイツ戦が、ベロオリゾンテで行われ、
ドイツが地元ブラジルを7-1と歴史的な大差で破って、決勝進出を果たしました。

ドイツは、1990年イタリア大会以来となる優勝を目指し、
13日(同14日)の決勝に進出しました。

優勝の願いが絶たれたブラジルは、3位決定戦を戦うことになりました。

まさかの前半5失点にブラジルサポーターも涙でした。
悲願の地元優勝は、残念ながらできませんでしたね。

やはりネイマール選手の離脱と
チアゴシウバ選手の不在が
大きかったでしょうか。

最後まで、開催地ブラジルの健闘を祈りたいと思います。


ブラジルは、準々決勝から先発3人を入れ替えました。
負傷のFWネイマールに代わり、FWベルナルジを起用しました。

出場停止のDFチアゴシウバの位置には、
ダンチが入った。

また、守備的MFパウリーニョに代わって、
MFルイスグスタボが出場した。



ドイツは準々決勝と同じ先発メンバーを並べた。
FWクローゼ、主将のDFラームらが名を連ねた。

        
試合経過は次のとおりです。

ブラジルは3分、相手のクリアを拾ったDFマルセロが、左足ミドルシュート。
両チーム通じて最初のシュートはゴール右に外れた。

ドイツは8分、左サイドからMFエジルが低いクロスを送り、
ゴール前のMFケディラがフリーでシュート。
しかし、前方にいた味方のMFクロースに当たってしまい、相手ゴールまで届かず。

 
ドイツは11分、右CKをフリーになったFWミュラーが右足ボレー。
ファーサイドで合わせたシュートは、ブラジルのゴールネットを揺らして、
ドイツが先制。1-0ブラジル。

ブラジルは17分、素早い攻撃からマルセロが相手ペナルティーエリア内に進入。
後方からドイツのラームがタックルを仕掛け、
マルセロが倒れたが、ボールへの正当な試みとみなされ、ファウルの笛は吹かれなかった。

ドイツは23分、中央でスルーパスがミュラーに通り、
後方のクローゼにパス。
クローゼがシュートし、一度は相手GKにはじかれるが、
こぼれ球を押し込んで追加点を奪った。2-0ブラジル。

クローゼは、W杯での通算得点を16に伸ばして、個人での通算得点記録を更新した。 
ドイツは24分、クロースが右からのクロスを左足で沈めて3-0。

ドイツはさらに26分、カウンターから、クロースがケディラとワンツーで前進し、シュート。
これも決まって、4-0。

スタンドでは泣き出すブラジル・サポーターが出てきた。



ブラジルは完全に集中が切れたか、
ドイツは29分、カウンターからケディラがエジルとのパス交換から右足シュート。
これも決まって5-0になった。

その後はブラジルも攻撃を試みるが、決定機を作れないまま前半終了。
会場はブーイングに包まれた。





後半開始とともに、ブラジル、ドイツともに最初の選手交代。
ブラジルは一気に2人を入れ替え、FWフッキ、MFフェルナンジーニョを下げ、
MFパウリーニョ、MFラミレスを投入。

ドイツはDFフンメルスに代え、DFメルテザッカーを入れた。

ブラジルは51分、右サイドを突破し、ゴール正面のFWフレジが右側を走るラミレスにスルーパス。
ラミレスがゴールライン際で、グラウンダーのクロスを送るもドイツのGKノイアーが防いだ。

ブラジルは52分、再びチャンスを作り、
MFオスカルがペナルティーエリア内でフリーとなり、右足シュート
。これもGKノイアーが防いだ。

ブラジルは53分、パウリーニョが抜け出し、フリーでシュート。
ノイアーが体ではじき、こぼれ球をパウリーニョが直接シュートしたが、
またもやノイアーが好セーブでしのいだ。

ドイツは58分、クローゼに代え、FWシュルレをピッチに送り込んだ。

今度はドイツが反撃し、ミュラーが相手ゴール前でシュートしたが、
ブラジルのGKジュリオセザールが防いだ。

ドイツは67分、カウンターからゴール前にスルーパスを出すが、
ジュリオセザールが判断よく飛び出して難を逃れた。

ドイツは69分、右サイドからペナルティーエリア内に入ったラームにパス。
シュートも打てたが、ゴール前にグラウンダーのパスを送り、シュルレが押し込んでさらに追加点。
6-0ブラジル。

ブラジルは直後の69分、最後の選手交代。フレジを下げて、MFビリアンを入れた。

ドイツも最後の選手交代。76分にケディラを下げ、MFドラクスラーを入れた。

ドイツは79分、左サイドからのパスを受けたシュルレが、ワントラップして左足シュート。
ゴール上に決まって、ドイツ7-0ブラジル。

ブラジルは89分、オスカルが抜け出し、角度のないゴール左から狙ったが枠を外れた。

ブラジルは90分、ゴール左からベルナルジが左足シュートを放つも、ゴール上に外れた。

ドイツは90分、またも速攻を仕掛けて抜け出したエジルがシュートするも、枠を外れた。


ブラジルは90分、後方からの浮き球のパスを走り込んで受けたオスカルがシュート。 ようやくブラジルが一矢報いた。 7-1。

そしてそのまま試合終了となりました。

残念、ブラジル。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
google-site-verification: google00e880da16006c90.html