So-net無料ブログ作成

世にも奇妙な物語 2016春 クイズのおっさんネタバレ  [世にも奇妙な物語]

スポンサーリンク




2016春『世にも奇妙な物語』です。








今回は、クイズのおっさんネタバレ のご紹介です。


クイズのおっさん

キャスト


クイズのおっさん◆松重 豊
古賀三郎   ◆高橋一生
森本ゆみ    ◆藤本 泉
クイズ司会者  ◆福澤 朗





あらすじ
古賀三郎(高橋一生)はなんの面白みもない毎日に嫌気がさし、
ちょっとだけ変化がほしいと思い軽い気持ちでクイズ番組に出演する。

それがすべての始まり。
クイズで優勝した三郎に与えられた賞品は、優勝賞金100万円、
そしてなんと「クイズ1年分」。

なんのことかと思っていた三郎の前に
翌日からクイズを出題するナゾのおっさん(松重豊)が現れる。
“クイズのおっさん”に追いかけ回される三郎。

おっさんと三郎の世にも奇妙な日々が始まる。

三郎は、会社では営業成績が悪くて、
「クイズ王はだめだ」とか陰口をたたかれながら
働いていた。

そんな三郎の心の支えとなっていたのは、
肉屋で惣菜を売っている森本ゆみだった。
いつもメンチカツを3つかって帰っていた。

夕食や弁当で食べていたのだった。

しばらくして、クイズのおっさんと同居するようになってからは
毎日6つ買うようになっていた。

ある日、いつものようにメンチカツを買いによった三郎は、森本ゆみと会話した。
森本ゆみに好意を持っている三郎にゆみは思わせぶりな態度をとる。

そして、森本ゆみがカラオケバーでもバイトしていることを聞き、
つい一緒についていってしまう。
調子よく歌っているとゆみは、前の彼氏の借金があると言う。

三郎は、ATMに走り100万円のクイズの賞金をゆみに渡す。

そして会計になり、馬鹿高い請求をされる。

ぼったくりバーだったのだった。

ゆみの方を見ると悪い顔をしたゆみがそこにはいたのだった。
三郎はカモにされたのだった。


三郎は、店員の男ふたりに殴られたりしていた。
そこへクイズのおっさんがやってきた。
一緒に殴られたのだった。

奇妙な友情が芽生えていた。


それから、一年後またクイズ王の番組が始まった。
三郎は、今回は参加せずテレビで観ていた。

三郎には、変な感情が生まれていた。

それはクイズのおっさんが他の人に取られるという嫉妬の感情だった。







クイズのおっさん ここまで


クイズのおっさんなんて言うのは恐ろしいですね。
クイズのおっさんはクイズで会話するっていうのはなんともね。


なんとも奇妙ですよね。


2016秋は、世にも奇妙な物語 ネタバレとともに、ご紹介しますね。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
google-site-verification: google00e880da16006c90.html