So-net無料ブログ作成

サザエさん 視聴率 現在 [サザエさん 視聴率 現在]

サザエさんの視聴率も現在では安泰ではないようです。

高視聴率をキープしてきた
人気長寿番組「サザエさん」でも視聴率に異変が。


 



rapture_20160704195724.jpg


3日に放送されたフジテレビ系人気アニメ「サザエさん」(日曜・後6時半)の視聴率が
9・9%と2ケタを割ったことが4日、分かった。(ビデオリサーチ調べ。関東地区)



常に高視聴率をキープしている人気長寿番組「サザエさん」。

今年に入って1ケタとなったのは、5月22日の7・7%のみ。
この日は日本テレビ系「笑点」(日曜・後5時半)が
「歌丸ラスト大喜利スペシャル」として特別番組を放送し
、「サザエさん」と重なった同番組の第2部(後6時)が驚異的な27・1%を記録。

それに“食われた”形の1ケタ視聴率だった。
それ以外は安定した視聴率を記録しており、
ゴールデンウィーク中の5月8日も11・9%、最高は3月6日にマークした15・0%だった。

3日は他局の同時間帯に高視聴率番組はなく(日テレ「真相報道バンキシャ!」」13・8%、
テレ朝「イチから住・前略、移住しました」6・9%、
TBS「SASUKE(後6時半~7時)」4・0%、
テレ東「モヤモヤさまぁ~ず2」5・0%、
NHK「これでわかった!世界のいま」6・1%、
同「復興支援ソング・花は咲く」6・3%)、ナゼ?と疑問が残る“異変”となった。


サザエさんの視聴率異変ですね。
日曜夕方の定番がなくならないように祈ります。


引用元記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160704-00000103-sph-ent




ブロトピ:こんな記事あります













nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

前田敦子 大島優子 犬猿の仲 [前田敦子 大島優子 犬猿の仲]

前田敦子 大島優子 犬猿の仲ではないようです。

海外旅行を満喫して「2人は永遠の仲」だそうですね。


 



rapture_20160704140533.jpg


元AKB48の女優・大島優子さんが自身のインスタグラムにて1日、
親友であり女優・歌手の前田敦子さんとのツーショット写真をアップした。

合わせて2日には、前田敦子さんがショッピングに興じている様子を撮った動画も公開されている。




前田敦子さんはインスタグラムで2日、
アメリカ・ニューヨークのブロードウェイ周辺で配られる
劇場情報誌「PLAYBILL」の画像とともに「涙が止まらない。なんて凄いんだろう」
と観劇の感想を綴っており、ブロードウェイへの旅に行っているものと思われる。

さらに、大島優子さんとの待ち合わせの様子を撮影した動画を投稿、
大島優子さんも自身のインスタグラムにて、
現地のスーパーマーケットでショッピングに興じる前田敦子さんの姿を動画で披露しており、
前田敦子さんとのツーショット写真を公開。

このツーショット写真には「最高。今でも憧れてるコンビ」
「2人は永遠の仲だね」「めっちゃかわいいふたりとも」と、
2人の仲睦まじい姿を称賛するコメントが多数寄せられている。

また前田敦子さんについては
「一瞬、誰かと思った」
「現地の人かと思った」
「力の入ってない笑顔と金髪がよくお似合い」
「わ!ほんとにほんとに金髪!」と、
最近イメチェンした金髪姿に
改めて驚きながらも喜ぶ声が多く寄せられている。


前田敦子さんの金髪はちょっとびっくりですね。
黒髪が似合うイメージでしたからね。

仲良きことは美しきかな 実篤
って感じですね。


引用元記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160703-00044039-crankinn-ent




ブロトピ:こんな記事あります













nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

あやまんJAPAN あやまん監督 現在 [あやまんJAPAN あやまん監督 現在]

2010~11年ごろ、テレビを賑わせていた
女性宴会盛り上げ集団“あやまんJAPAN”でしたね。

最近は見かけないですね。

あやまんJAPAN あやまん監督 現在はなにをしてるんでしょうか?
 



rapture_20160704134902.jpg


2010~11年ごろ、「ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー」などと
ワケのわからない歌を歌いながら下品に踊る、
女性宴会盛り上げ集団“あやまんJAPAN”がテレビを賑わせていた。

あまりのお下劣さにアッケにとられたものだが、最近、見かけない。
グループを率いていたあやまん監督(37)、今どうしているのか。



東京メトロ・茅場町駅そばにある日刊ゲンダイのオフィスに
ラフな白いTシャツ、キャップ姿でやって来たあやまん監督、
「ちょっと着替えていいですか?」と言ってバッグから取り出したのは、清楚系の花柄のワンピース。

「婚活中なんで、こっちで写真を撮ってもらいたくて」

おや、お下劣路線から方向転換か。

「いえ、相変わらず、下品な宴会芸はやってますよ。
ワタシたちはもともと六本木で飲んで騒いでいた素人に毛が生えただけのような集団。
ブームが終わってからは活動休止状態で静かに暮らしてましたけど、
2年前、『有吉反省会』(日本テレビ系)っていうバラエティーに出て
有吉(弘行)さんや視聴者の方に励ましていただいたのをきっかけに、
所属してた芸能事務所をやめ、『あやまんJAPAN株式会社』を立ち上げ、
ワタシは代表取締役社長として新しいメンバーを集め、
またガンバってます。原点回帰、ですね」

ただ、以前の中心メンバーだったファンタジスタさくらだは、
4年前にヒップホップグループ“スチャダラパー”のBoseと結婚。
“あやまんJAPAN”を離れ、現在は女の子のママに。
ルーキタエも米マイアミに英語留学中だそうだ。

「今はワタシと新メンバーの“サムギョプサル和田”と“たまたまこ”の3人が中心。
ほかにユースメンバーが45人いて、ご要望に応じて企業の懇親会や送別会、
結婚式で30分くらいの盛り上げパフォーマンスを披露しています。
あと、イベント、パチンコのホール営業、ラップのCDを出したので
ライブを月数回とテレビ出演……。
会社を立ち上げてから仕事は増えてきて、やり続ける大切さをかみしめています。
宴会の料金? ご予算に応じて、フフフ。“昔からファンです!!”
なんてささやかれたら、激安でお引き受けオッケェです」

■「結婚したい!」が本音

しかし、そんなに社員を抱えて大丈夫なのか。

「いえ、社員はワタシだけ、あとはみんな本業はOLだったり、
カラオケバーでバイトしたりしています。
ワタシは“あやまんJAPAN”の活動に加え、
女優として舞台に立ち、メディアに出て、
その収入も会社に入れる。会計的には黒字ですね」

なかなかやり手だ。

「いやあ、おカネを稼ぐより結婚したいの! がホンネです。
テレビに出るようになったら一切ご縁がなくなり、ストーカーすら寄ってこない。
好みのタイプは“さかなクン”みたいに自分の世界をもってる人。
ワタシ、お酒は仕事以外飲まず、家事は得意ですッ」

誰か立候補してやれ。

さて、群馬・前橋出身のあやまん監督は23、24歳の時、イベントコンパニオンに。
夜な夜な六本木周辺を飲み歩く生活を始め、
いつしか“あやまんJAPAN”を結成。

そのハチャメチャな盛り上がりぶりが話題になり
10年1月、「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)でテレビデビュー。

女子中高生にバカ受け、
同年12月には「ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー」でCDデビューを果たした。

「“あやまんJAPAN”で作詞した『ぽいぽい――』の着うたが80万ダウンロードぐらい売れ、
作詞印税がすごかった。
当時のレギュラーメンバー3人で等分し、ワタシの取り分だけでも、
地方に家が買えるくらいの金額でした。もちろん、しっかり貯金してます!」

6月8日、“あやまんJAPAN”のラップのミニアルバム「AYAMANISM」をリリースした。


あやまんJAPAN
さすがにしぶといというか・・しっかりしてますよね。

これからまたブームを起こせるか?ですね。


引用元記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160704-00000001-nkgendai-ent




ブロトピ:こんな記事あります













nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

ドクターX 米倉涼子 視聴率 [ドクターX  米倉涼子 視聴率]

ドクターX ~外科医・大門未知子~スペシャル」、
平均視聴率は22.0%を記録したようです。

ドクターX
10月からの第4シリーズの放送も期待できそうですね。 



rapture_20160704125753.jpg


女優の米倉涼子さんが主演する人気ドラマシリーズのスペシャル版
「ドクターX ~外科医・大門未知子~スペシャル」(テレビ朝日系)が3日に放送され、
平均視聴率は22.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。
瞬間最高は午後11時4分に記録した25.8%(同)だった。



「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら組織に属さず、
フリーランスとして病院を渡り歩くクールで型破りな天才外科医・大門未知子(米倉さん)を通して
医療現場を描いた人気ドラマ。

2012年10月期の第1シリーズは期間平均視聴率19.1%(以下すべて関東地区 ビデオリサーチ調べ)、
13年10月期の第2シリーズは同23.0%、
14年10月期の第3シリーズでは同22.9%で、
最終回は自己最高の27.4%を記録していた。

第3シリーズ以来の新作で、シリーズ初のスペシャルドラマとなった今作は、
未知子が金沢を舞台に日本医療界のトップの座を巡る外科と内科の争いに巻き込まれた。

NHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」以来、米倉さんと
13年ぶりの共演となるビートたけしさんが、
未知子を窮地へと追い込む、シリーズ史上“最強の黒幕”として登場。

内田有紀さんや岸部一徳さん、
「Hey!Say!JUMP」の伊野尾慧さんらも出演した。

なお同ドラマは、10月からは第4シリーズの放送も予定している。


やっぱりドクターX
さすがに大人気ですよね。

新シリーズも楽しみですね。


引用元記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160704-00000004-mantan-ent




ブロトピ:こんな記事あります













nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
google-site-verification: google00e880da16006c90.html