So-net無料ブログ作成

越前屋俵太 20年ぶり 真相 [越前屋俵太 20年ぶり]

越前屋俵太 20年ぶりが話題です。

越前屋俵太さんが、
20年ぶりの
人前に出たそうです。


真相は・・・。

rapture_20161022192315.jpg

「探偵!ナイトスクープ」の探偵役など、
1980~90年代に人気を博した

お笑いタレント・
越前屋俵太さん(54)が22日、
大阪・なんばの道頓堀川で開催された

「道頓堀リバーフェスティバル」に
「書家・俵越山」として出席した。

川面に設置された舞台に登場する際、
遊園地のスワンボートを自ら運転して現れ、
コケ芸も披露するなど、
とぼけた芸の味わいは相変わらず。

「人前に出るのは20年ぶりぐらい」
という久々のステージだったが、
会場を大いに沸かせた。

カツラに着物姿で登場し、
MCから

「越前屋俵太さんですか?」

と問われると

「いやいや、名もない書家です」

と、あくまで“他人”であることを強調。

道頓堀川を観覧船に
乗る人たちに手を振り、

「誰だか分からない人ですよ~。
観光客には分からないでしょ」

と自虐的ギャグも。

会場は、観光名所・戎橋から
離れているとあって人もまばら。

戎橋付近の別のステージの
盛り上がりを横目にして

「腹立つ。せっかくやから、
みんなで向こう行きませんか?」

と話し、爆笑を誘った。

現在は地元・京都を中心に書家として活動。

「大阪はホームなんですが、
初めて呼ばれた。うれしい」とニッコリ。

現在は
「おもロジカル・シンキング」
の非常勤講師として
母校・関西大学にも勤務。

京都大学でも活動しているという。

2003年からタレント活動を休止。

「急にいなくなったイメージが強いと思うけど」

と話しつつ

「引退したつもりはない。

タイガーマスクが必殺技を
編み出そうと山ごもりしたら、
何年たっても全然できない。

気がついたらこの年齢…。
それと同じことです」

と、あくまで“修行中”の身を強調した。

 
「今は僕の若い頃と変わっていて、
コンプライアンスとかがあって、
昔やっていた事は今は絶対アウト。

時代に合った面白さを見つけないといけない」

と話しながらも、

「大人になったらあきらめないと
いけない部分もあるが、
乗り越えて、笑かしていかないと。

今、同じ京都人の(島田)紳助さんも
上岡(龍太郎)もいなくなって。

イヤミなんですね、

アメリカで言うブラックジョーク。
それを言う人がいなくなった。
僕も京都人として何とか…。

今回を機に、もう一回、
面白い事はしたいですね」

と目を輝かせた。






越前屋俵太さん
20年ぶりにステージに登場 でしたね。

懐かしすぎますね。

当時のファンは
心待ちにしていたことでしょうね。

これから
アクションがありそうなので
今後も注目ですね。



引用元記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161022-00000128-sph-ent

動画配信サービス「dTV」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題







ブロトピ:今日のブログ更新



[無料]幸運に導く
招福まねきネコ占い






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

和田アキ子 シェーグレン症候群 真相 [和田アキ子 シェーグレン症候群]

和田アキ子 シェーグレン症候群が話題です。

和田アキ子さんが、
難病「シェーグレン症候群」の
苦しみを明かしたそうです。


真相は・・・。

rapture_20161022181328.jpg


歌手・和田アキ子さん(66)が22日、
パーソナリティーを務める

ニッポン放送「ゴッドアフタヌーン 
アッコのいいかげんに1000回」
(土曜・前11時)で、

涙や唾液が出にくくなる難病
「シェーグレン症候群」
に罹患しているため、
水を手放すことができない
生活を送っていることを明かした。

rapture_20161022181545.jpg

この日のゲストは
宮城・慈眼寺住職の塩沼亮潤氏(48)。

塩沼氏は1300年間で
わずか1人しか成功していなかった修行
「大峯千日回峰行」の
2人目の達成者となった僧侶。

「大峯千日回峰行」は

奈良・大峯山の48キロの山道を
1日48キロ、
16時間かけて
1000日間毎日歩き続け、

それが終わった後、
9日間、飲まない、
食べない、寝ない、
横にならないという
行をこなすという過酷なもの。

99年にこの行を成し遂げ、
大阿闍梨となった塩沼氏に対し、
「すごすぎる。信じられない」

と感心しきりの和田アキ子さん。

中でも9日間、
何も飲まないという点について、

「私は無理。
膠原(こうげん)病の
シェーグレン症候群ですから。
常に水がないと生きていけない」

と告白。

和田アキ子さんは数年前から
同番組でシェーグレン症候群のため、
筋肉痛がとれないなど
「常に満身創痍」であることを明かしている。

シェーグレン症候群は、
関節や筋肉に痛みが出る
膠原(こうげん)病の一種で
涙や唾液を作りだしている涙腺、

唾液腺などの外分泌腺に
慢性的に炎症が生じ、
涙や唾液の分泌が低下、
乾燥症状を呈する自己免疫性疾患。

原因は特定されていない。




和田アキ子さんが
シェーグレン症候群でしたね。

聞きなれない病気ですね。

最近そういう病気が増えましたね。



今後も気をつけたいですね。






引用元記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161022-00000078-sph-ent

動画配信サービス「dTV」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題







ブロトピ:今日のブログ更新



[無料]幸運に導く
招福まねきネコ占い






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

夏目三久 注意 真相 [夏目三久 注意]

夏目三久 注意が話題です。

夏目三久さんが、
石井大裕アナウンサーを注意したそうです。


真相は・・・。

rapture_20161022074912.jpg


フリーアナウンサー、
夏目三久さん(32)が21日、
司会を務める
TBS系情報番組「あさチャン!」
(月~金曜前5・30)に出演。


20日に同局で放送された
プロ野球のドラフト特番で
同局の石井大裕アナウンサー(31)が
番組内で号泣したことをやんわりと注意した。

TBS系
「ドラフト緊急生特番!
お母さん ありがとう 
夢を追う親子の壮絶人生ドキュメント」
(後7・00)で、

巨人に6位指名された
大江竜聖投手
(東京・二松学舎高)が
生中継で出演。

大江竜聖投手は
父・広志さんに男手一つで育てられた。

石井アナはそのエピソードを知っていただけに、
生中継で感極まり
「本当におめでとうございます。
本当に良かったです。
本当にうれしかった」と大号泣していた。

このVTRが改めて流されると
石井アナは「良かったですね」
と再度感動していたが、
ここで夏目アナがチクリ。

「昨日の朝、石井さんとお話して、
過去のドラフト特番を振り返りましたよね。

そのときに、ドラフト特番で
選手と両親よりも
先に泣き出したアナウンサーいたよねっ

て言ったら

『あれはあり得ない、
あんなことをしたら
選手泣けなくなっちゃうだろ。

主役は選手だ』
とおっしゃってましたよね」

と暴露した。

さらに、
「昨日、オンエア見たら石井さん、
誰よりも先に号泣してましたよね」
と指摘。

石井アナは
「今も我慢してます」と答えたが、

夏目アナは
「私ね『オイッ!』でしたよ。
石井さん。あれはないでしょう。
あれは一番やってはいけないことですよっ!」
と苦笑い。

鼻声で答える石井アナの姿に、
「石井さんらしいといえば、
石井さんらしいんですが…」

とキャラを認めつつも、
注意していた



夏目三久さんが
ナイスコメントでしたね。

基本、アナウンサーは
事実を正確に伝えるのが
仕事ですからね。


今後も注目ですね。






引用元記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161021-00000512-sanspo-ent

動画配信サービス「dTV」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題







ブロトピ:今日のブログ更新



[無料]幸運に導く
招福まねきネコ占い






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
google-site-verification: google00e880da16006c90.html